超意外。気になる。案外悪くない!?【就職浪人のリアル】

2020年6月28日

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

はぁー、どうして私だけこんな目にあうの……

お困りですか?お嬢さん。

困ってるなんてもんじゃないよー、今何月か知ってる?

そりゃ、2020年の2月やけど。

そう、もう2月!
この時期に内定もらってない学生なんて、私だけでしょ?
「このまま卒業したらなにしようかなー」って必死に考えてるんだから!

なんか具体的な策はあるんか?

そうだねー、とりあえずお金がないことには生活できないからアルバイトで働くかなー。
もしくは、親に土下座して学費出してもらって、資格の学校でも通おうかなーなんて。

んー、就職浪人って選択肢はないんか?

就職浪人?もう1回就活するってことー?
これだけ面接落ちたのに、また就活するなんてめんどくさいよー。

まぁまぁ、落ち着けや。
たしかに就活は大変やけど、就職浪人にも色々とメリットがあるし、今後の選択肢に入れておいて損はないで。

ふーん。じゃあ私暇だからさぁ、就職浪人のどんなところがいいか教えてよー!

少しは自分で調べろや……
まぁ、ええわ、とりあえずそこに座っときぃ。

本記事の解決する課題

  • 最近増えている「就職浪人」の実態を把握できる
  • 偏見を捨てて、正しく「就職浪人」を検討できるようになる

就職浪人とは

就職浪人ってのはな、卒業後も就活を続けている人のことを指すんや。
おおまかに分けると、次の2パターンがあるで!

就職浪人の2つのパターン

  • 新卒時に内定がもらえずに、卒業後も就活をする
  • 内定をもらってるけど、第一志望でないのであえて就活を継続する

へぇー、せっかく内定もらってるのに、それを捨てるなんて私にはマネできないよー。

そうやなー、基本的には前者の方が多いんやないか?
後者はいわゆる「意識高い系」ってやつや!

その人にとって、よっぽど行きたい企業があるんだねー。
私なんて就職できればどこでもいいよー。

完全に意識低い系やな(笑)

上で紹介した「就職浪人のパターン」はあくまで一例です。

人によっては、卒業後に海外留学をしてから就活をするという、就職浪人のパターンもあります。

【実態】就職浪人の割合

実際さ、就職浪人っていう選択肢を取る人はどれくらいいるの?

平成31年の3月のデータを見ると、「正社員やアルバイトとして働く人、そして進学する人」以外にあたるのが6.7%という数値が出てるんや。
つまり、就職浪人する人は大学生全体の5〜6%と考えられるんやで。
 
https://www.mext.go.jp/component/b_menu/other/__icsFiles/afieldfile/2019/08/08/1419592_1.pdf

んー、パーセントで言われても、いまいちわからないなぁ……

仮に就職浪人の数値を大学生全体の5%とすると、めちゃくちゃ少なそうに感じるやん?
でも、全国の卒業者は約570,000人で、このうちの5%と計算すると、28,500人や!
なんか結構多く感じひん?

ほんとだー、そう考えると、多い気がするー!

そうや!周りには就職浪人を考えている人はあまりいないかもしれん。
でも、全国規模で考えると、君みたいに悩んでいる人は意外と多いんやで?

うん!なんか少し元気出てきたー。

卒業後に就職浪人の道を選ぶ人は意外と多いことがわかります。

就職浪人するのは、別に恥ずかしいことではありません。

こちらでも就職浪人について触れているので、ぜひ見てください。

就職浪人で「新卒」切符はどうなる?

ひとつさー、思ったことがあるんだよねー。

どないしたん?

就職浪人の人ってさ、学校は卒業してるでしょ?
それだとさ、新卒としては就活できないんじゃないの?

なかなか良いところに目をつけるやん。
結論から言うと、就職浪人してる人でも、新卒枠で応募できるんやで!

えー、そうなんだー!

これは企業ごとの採用方針によるから、100%とは言い切れんけどな。
ただ、「学校を卒業しても内定をもらえない学生がいる」という現状について、厚生労働省が問題視しとるんや。
そこで、2010年に雇用に関する法改正があって、「学校を卒業してから3年以内の者は新卒枠とする」ように国が企業へ促したんやで。

そう考えると、就職浪人してる人の不安もなくなりそうだね。

だから、就職浪人してる人は基本的に新卒枠で応募できるという認識でOKなんや!!

学校を卒業しているという観点では、就職浪人の人はあくまで「既卒」扱いです。

就職浪人の人が新卒枠で応募できるかは、企業側の判断によります。

若者の雇用は促進されているので、就職浪人の人もほとんど新卒枠で応募できますが、心配であれば企業に確認してみましょう。

就職浪人のメリットとは?

じゃあさー、就職浪人のメリットを教えてよー!

そうやな、気になるところやんな!
就職浪人のメリットとしては、次の2つや!

就職浪人のメリット

  • すでに一度就活を経験している
  • 自由なスケジュールで就活できる

まず、メリットのひとつは「就活をすでにしたことがある」っちゅうところやな。

そうだよね、つい最近まで就活中の大学生だったもんねー。

就活を始めるときって、準備がすごい大変やろ?
履歴書の作成・自己分析・面接対策……とか、やることは山積みで、どこから手をつければいいかわからん学生は多いはずや。

履歴書なんて、「志望動機とかなに書けばいいんだー」って感じだったよ。

その就活の事前準備にあまり時間をかけなくて良いのは有利やな。
そして、言い方は良くないけど、就活に一度失敗してるわけや。
自分の就活のやり方のどこがダメだったかある程度わかってるから、それを元に自己分析や面接対策を練り直せるってのも大きいで!

たしかにー。もうスタートの時点で、これから就活を始める大学生に勝ってるんだねー!

もうひとつのメリットは「自由に就職活動を進められる」ってことやな。
学校を卒業しているってことは、授業に行く必要がないわけや。

ふむふむ。

例えば、その時間をアルバイトにあてるのはありやな!
就活は交通費とかスーツ代、ほかにも出費がえげつないからなぁー。

交通費だけで、1日2,000円くらい飛んじゃうもんー。

就職浪人は「自由度が増す」のが最大のメリットです。

すでに自己分析・面接対策もほとんどできているので、良いスタートダッシュを切れます。

アルバイトをするのも良いですが、なるべく就活に時間を割いて、短期決戦で内定を勝ち取りましょう。

就職浪人のデメリットは?

就職浪人は良いところもあれば当然……

就職浪人のデメリット

  • 同期のほとんどは社会人になっている
  • もう学生扱いをされない

そうやな、このようにデメリットもあるっちゅうわけや。
まず、「自分の同期は社会人になっている」ってことに注意やな。

そっか……、周りの友達は学校を卒業して、働き始めちゃうんだよね。

すると、「周りのみんなは立派な社会人になったのに、自分はまだ就活中なんて……」と自己嫌悪に陥りやすいんや。

たしかに、メンタル弱い人には辛いことだね。

まぁ、ポジティブな考えのやつなら、友達に社会人生活がどんなものか聞くチャンスなんて思うかもな。
しかし、多くの人は「自分だけ出遅れた」って感覚から、友達に会うのも後ろめたくなるやろな。

就職浪人って孤独なんだなー。

次に、「学生扱いをされない」って点やな。
当たり前だけど、大学を卒業しているわけやから。

それは就活にどんな影響が出るの?

例えば、自分が通っていた大学の就職課は使えなくなるやろ?
キャリアセンターっていうんか?あれはあくまで在校生向けの就職支援やからな。

なるほどー。

このあたりの就職サポートも自分で探さなければあかん。
とりあえず、就職エージェントやハローワークとかに行ってみることや。

勉強になるなー。
もし、私が就職浪人することになったら、無料でサポートしてよね♫

なんで、お前のためにボランティアせなあかんねん!

就職浪人すると、少し出遅れた自分と社会人になった友人を比べがちです。
 
あまり気にしすぎると、自分に自信がなくなってしまうだけなので、「自由に使える時間が増えた」とポジティブに考えてください。
 
ひとりでの就活は孤独を感じやすいので、就職エージェントに登録するなどして、人に相談できる環境を作るようにしましょう。

まとめ

残念ながら、学生全員が卒業までに就活して、内定をもらえるわけではありません。

もし、内定をもらえなかった場合、就職浪人を選択肢に入れてみてください。

就活と並行してアルバイトをしたり、受ける選考の数を増やせたり、在学中より自由に時間を使えます。

自分自身を見つめ直せる良い機会なので、時間を有効活用して、早めに内定を獲得しましょう。