企業選択するのが極めて面倒な場合の最高の就活メソッド

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

就活を始める上で最も面倒なのは、選考対策よりも企業選択です。

「入社するなら、少しでも良いところに就職したい」と思うのは普通のこと。
誰しも就職するなら良い会社で、長く働きたいと思いながら就活をしています。
ただ、膨大な企業の中から自分が受けたい企業を選ぶのは非常に面倒な作業です。

そんな悩みを抱えた就活生のために、今回は企業選択を楽にする就活メソッドを解説していきます!

この記事を読んで解決する課題

  • 面倒な企業選択をする必要が無くなる

きっちり自己分析する

企業選択が面倒でも、まずやっておかなければならないのが、自己分析です。
自己分析をきっちりと行えば、自分が受けたい企業をある程度絞り込めます。

また、自己分析は自分の長所や短所を掘り下げ、「自分がどのような業界に向いているか」「どんな会社に入りたいか」という企業選択の軸を発見できるのです。

面接でも良く「あなたの企業選択の軸は何ですか?」と聞かれることがあります。
企業選択の軸を聞かれるのは、企業が以下のようなことを知りたいからです。

  • 自社と価値観や考え方がマッチするか
  • 働く上でのモチベーションは何なのか
  • 入社してからどんなことを成し遂げたいと思っているのか
  • どんな環境を望んでいるのか

これらを事前に聞いておくことで、学生が入社してからのギャップを最小限に留め、早期退職者を減らせます。

そして、企業選択の方法として次のように「7つの仕事の幸福度」を軸にする考え方もあります。

  • 自由(仕事内容や働き方に裁量権がある)
  • 達成(前に進んでいる感じが得られる)
  • 焦点(モチベーションタイプに合っている)
  • 明確(やるべきこと、ビジョンが明確である)
  • 多様(作業内容が単調でなくバリエーションがある)
  • 仲間(社内に助けてくれる仲間がいる)
  • 貢献(どれだけ世の中に立っているかわかる)

この仕事の幸福度を軸にする考え方は、「科学的な適職」という本に記載されているので、興味のある方はぜひ読んでみてください。
(参考:https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4295403741/huzii11-22/)

このような軸で考えることで、就活生は企業選択をしやすくなります。
「自分にとってなにが大切なのか」を考えるために、自己分析をきっちりとしておきましょう!

業界を3つだけに絞る

就活では、志望する業界をどこまで絞ったら良いのか分からない人も多いでしょう。
業界は各仕事の分野ごとに、次のように分かれています。

  • メーカー(モノを作る)
  • 商社(モノを動かして利益を得る)
  • 小売(モノを消費者に売る)
  • 金融(お金を動かして利益を得る)
  • サービス(形のないものを売る)
  • マスコミ・ソフトウェア(情報を大勢の人に一度に伝達して利益を得る)
  • 官公庁・公社・団体(国と地方公共団体の役所)

これらの業界の中から、ある程度自分がどの業界にいきたいのかを決める必要があります。
業界を決めるときに、視野を広く持つのは悪いことではありませんが、あまりに選択肢が多すぎると方向性を見失うでしょう。
結果として、企業選択をするのが面倒になることも。

そこで、志望する業界は3つに絞るのがベストです。
3つ程度であれば、一つ一つの業界とじっくり向き合えるので、スムーズに就活を進めらます。
志望業界の候補をつねに3つキープしておき、必要に応じて業界を変えるようにするのも大切です。

企業選択が面倒に感じたときは、志望業界は3つまでにしておきましょう!

「とりあえず色々調べてみる」ことをやめる。

自分がいきたい業界や企業の情報を調べるのは、もちろん大切です。
ただし、企業選択に迷いが生じると、ついつい色々と調べてしまいます。

  • この業界はブラックかホワイトか
  • この企業は評判が良い・悪い

など、ネットで調べると情報はいくらでも出てきます。

しかし、いくら調べたところで、すべての不安や迷いが解消されるわけではありません。
それどころか、ますます不安に煽られて企業選択そのモノが面倒になってしまう可能性も。

変に情報を調べすぎると疲弊しますし、その情報が本当かどうかなんて誰にも分かりません。
もし、あなたが不安を抱えているのなら、自分一人で悩まずに誰かに相談して悩みを共有してみてください。

大切なのは「この企業(業界)で働きたい」というあなたの想いです。
不確かな情報に振り回されることなく、就活を進めるためにも「とりあえず色々調べてみる」ことをやめましょう!

周りの学生の動向を気にしすぎない。

就活中はどうしてもほかの就活生の進捗が気になるモノ。
周りに内定者が増えてくると、気持ちもナーバスになりやすく焦りがちです。
焦れば焦るほど就活に余裕がなくなり、企業選択自体も面倒になっていきます。

しかし、そこで焦っても決してあなたにプラスにはなりません。
例えば、面接中に焦って力が入りすぎてしまうと、本来のあなたの良さを発揮できなくなってしまいます。
就活で大切なのはあなたの良さを伝えることなので、焦ってしまうと逆効果です。

就活の目標は「いかに早く内定を得るか」ではなく、「自分が心からいきたいと思う会社を見つける」こと。
周りの動向を気にしすぎず、自分のペースで就活をしていれば、きっとあなたに合った企業が見つかります!

「あなた」に合った企業を勧めてくれるサービスを使う

もし、企業選択を面倒に感じたら、自分にあった企業を勧めてくれるオンラインサービスを使いましょう。
例えば、「ゼロイチLIVE」なら何十社とあるWebサイトから企業選択をしなくても、あなたに合った企業を提案してくれます。

また、オンラインで企業との面談ができるので、効率的に就活を進められるのです。
さらに、ゼロイチLIVEに参加する企業の担当は新卒採用の責任者がほとんどなので、気になることを直接質問すれば丁寧に回答してくれます。

企業選択から面接対策まで、あなたが『内定』を勝ち取るまでオンラインでサポートしてくれるのはゼロイチLIVEだけです!

まとめ

就活をしていると陥ってしまう企業選択の罠。
就活中の学生にとって企業選択は非常に面倒で、適当に決めてしまいがちです。

しかし、企業選択は就活をする上では非常に大切な工程です。
現在コロナの影響で就活に変化が起きているので、今まで行ってきた方法では企業選択を行うのが難しくなってきています。

企業選択をスムーズに行うためには、無駄なプロセスを全て省き、超合理的で効率的な就活が必要です。
就活で失敗しないためにも、オンラインサービスをうまく活用して、あなたに合った企業選択をしましょう!