登録してなきゃまずい。。厳選オンライン就活サービス 3選

2020年9月29日

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

新型コロナの収束はいまだ見えず、私たちの日常生活も大きく変化しました。

その中でも、これから就活が始まる人は企業の採用状況やオンライン就活について、不安を感じている人は多いのではないでしょうか?
オンライン就活はまだまだ情報量が少ないので、オンライン就活支援サービスなどのプロの力を借りて情報収集すると効果的です。

そこで今回の記事では、22卒の就活生が登録すべきオンライン就活支援サービスを紹介していきます。

この記事を読んで解決する課題

  • オンライン就活で利用すべきサービスを知れる

オンライン就活は活用するサービスが7割

2020年はコロナによって社会が大きく変化し、手探り状態で就活生はオンライン就活を始めました。
つまり、オンラインで選考を経験した先輩の数は少なく、オンライン就活に関する情報はまだまだ足りません。
オンライン就活でしっかりと結果を出すためには、就活支援サービスを活用することがカギとなります。

オンライン就活では対面とは違って、オンラインならではのマナーがあったり、ビデオ通話ツールの使い方を把握したりする必要があります。
やはり、自分で調べるよりもオンライン就活を専門とするエージェントや支援サービスを利用する方が、圧倒的に効率が良いです。

また、利用するサービスによっては、オンライン説明会や企業の現場社員と出会えるイベントも頻繁に開催されているので、本やWebサイトにはない情報を手に入れられます。
今後登録するのであれば、オンライン就活に特化したサービスやコンテンツが充実しているかどうかが重要なポイントです。
最近は、オンライン就活専門の支援サービスも登場しているため、オンラインをメインに就活するつもりの人はチェックしてみてください。

22卒は情報量も少ない中で就活をしなければならず、厳しい戦いになると予想されます。
万全の状態で就活に臨むためにも、早いうちにオンライン就活支援サービスに登録して準備を進めましょう!

絶対に登録すべきオンライン就活支援サービス 

就活支援サービスを選ぶポイントとしては、「オンライン就活に特化しているかどうか」です。

ここでは、数あるオンライン就活支援サービスの中から厳選した3つを紹介します。
どのサービスを選ぶべきか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください!

①オンライン就活

https://onlineshukatsu.com/

「オンライン就活」は、地方や海外にいる就活生のためにできたオンライン就活支援サービスです。

全てのイベントをオンラインで開催しているので、「このイベントはオフラインだから参加できない」といったこともありません。
また、「就活ゼミ」や「就活カレッジ」では、短期間で集中的に自己分析や企業研究をするので、なにから始めたら良いのか分からない人も基礎から就活準備を始められます。

積極的にオンライン選考を行っている企業が集まっているため、内定までオンライン1本で完結したい人にオススメのオンライン就活支援サービスです。

②type就活

https://typeshukatsu.jp/s/about/

「type就活」は、国内でも有名な大手企業によるセミナーやイベントが豊富な就活支援サービスです。

トップ企業の現場社員と出会える機会も多く、オンライン上で実際に質問もできるイベントもあります。
大手企業から内定を獲得したいと考えている就活生におすすめのサービスです。

また、首都圏で就活を進める地方学生への支援が充実している点もひとつの特徴。
シェアハウスを無料で借りられたり、就活支援金をもらえたりするという、地方学生にとっては魅力的なサービスも用意されています。

③ゼロイチLIVE

https://the-unit.co.jp/zeroichi/lp/

「ゼロイチLIVE」を利用すれば、毎日のようにたくさんの企業と出会えるチャンスがあります。

自宅はもちろん、学校やカフェでもオンラインで企業の話を聞けるので、わざわざスーツを着て出かける必要もありません。
また、参加している企業の担当者は新卒採用の責任者が多く、「特別選考ルート」の案内を受けられることも。

そして、キャリアアドバイザーが企業選びからゴールの内定獲得までサポートしてくれるため、安心してオンライン就活を進められます。
サポート体制も整っているので、「オンラインで効率良く就活をしたいけど不安もある」という人にオススメのオンライン就活支援サービスです。

早めのオンライン就活対策で早期内定を

「マイナビ2022年卒大学生インターンシップ前の意識調査」によると、初めてインターンシップに応募した時期について「2020年6月以前」と答えた学生は8割を超えました。

多くの学生が早くから就活を意識して行動していることが良く分かります。
中には、オンライン就活支援サービスを積極的に利用して、すでに動いている学生もいるでしょう。

一方で、就活ガイダンスが中止や延期になったために、気持ちが切り替わっていない人がいることも事実です。22卒の学生の中でも就活に対する意識格差が生まれており、優秀な層とそうでない層で二極化しています。

これまでも早い段階から就活を意識して、インターンシップなどに参加していた学生は早めに内定をもらっている傾向にありました。
早くからインターンシップなどに参加している場合、企業の人間と会ったり話したりできるので、企業や仕事に対する理解が深まり自然と情報量も増えます。
その結果、就活生自身のリアルな言葉で志望動機などを伝えられるため、面接もうまくいくのです。

22卒の就活生は、早期内定を得るためにも早い段階からオンラインの就活イベントに参加し、就活対策を進めていきましょう!

https://shukatsu-daigaku.jp/online-job-hunting/early-offer/

まとめ

新型コロナの影響で採用スケジュールが変更され、「就職氷河期」が再び訪れることに不安な人も多いはず。
しかし、そのような状況の中でも先を見越して行動している人もいて、就活が本格化する前からすでに意識の差は大きく開いています。

オンライン就活をうまく進めるには情報量が大切です。
オンライン就活に関する情報量を確保するなら、オンライン就活支援サービスの力が必要になります。

今回紹介した「ゼロイチLIVE」などのオンライン就活支援サービスを積極的に利用して、準備万端で就活に臨みましょう!