【当たり前】圧倒的に効率良く就活をしている奴は当然就活うまくいく。

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

説明会や面接の度に、就活生は企業へ訪問しなければならず、時間もお金もかかってしまいます。
これから就活を始める人の中には「できるだけ効率良く結果を出して就活を終えたい!」という人もいるのではないでしょうか?

最近はコロナの影響で採用活動をオンラインで行う企業が増えてきました。
オンライン化をフル活用すれば、従来の就活で感じられた無駄を減らして、合理的に就活を進められます。

今回の記事では、就活を圧倒的に効率良く行う方法を解説するので、「就活を効率的に進めて確実に結果を出したい」という方はぜひ参考にしてください!

この記事を読んで解決する課題

  • 圧倒的に効率の良い、合理的で高生産性な就活メソッドを理解出来る

22卒はオンラインでの就活の立ち回りで決まる。

22卒の就活生が効率良く就活を進めるには、オンラインでの就活をフル活用することがポイント。
新型コロナウイルスの影響もあり、22卒の就活生は例年と異なるスケジュールで動かなければなりません。

また、三密対策(密閉・密集・密室)のために説明会はもちろん、面接もオンラインで行う企業が増えており、この現状を把握して就活のオンライン化に対応していく必要があります。

こちらのワークス・ジャパンの「2022卒新卒採用活動に関する企業調査について」によると、サマーインターンをオンラインで「実施する」という企業は5.4%、「検討中」という企業は26.2%という結果が出ました。

22卒が参加する夏のインターンシップでさえ、すでにオンライン化が始まっていることから、本格的な就活の時期には、説明会や面接はオンラインで行うことが当たり前になっているでしょう。

就活がオンライン化すれば、全国どこからでも企業の説明会や面接に参加できるので、移動時間や交通費を大幅にカットできます。
22卒はオンラインでの就活を活用できるかどうかで、効率の良さが変わりそうです。

自己分析・情報収集は効率良く早めに。無駄なことは絶対やらない。

就活を効率良くスムーズに進めるためには、「自己分析」と「業界・企業研究」が欠かせません。
この2つを早めに準備しておくことで、よりスムーズに就活を進められます。

自己分析ができていない状態では、「どのような業界に向いているのか」「どのような企業なら強みを生かして働けるのか」といったことも分かりません。
ワークシートやツールなどを有効活用して、効率的に自己分析をしてください。

そして、企業に関する情報は次のような手段を使えば手に入ります。

  • コーポレートページや採用ページを見る
  • 就職四季報などの本を読む
  • 座談会やOB訪問に参加する

企業の公式サイトや就活対策用の書籍から、就活を進める上で知っておくべき情報は調べられますが、企業の雰囲気や現場の声は実際にその企業に勤める人と話してみないと分かりません。

最近では、オンライン上で座談会やOB訪問が行われており、自宅にいながら先輩社員と話せます。
オンライン化できるものは最大限利用して、効率的に準備しましょう。

いちいちオフラインで移動している就活生は負ける!?

以前は、オフラインでの選考が主流だったため、説明会や面接の度に就活生が企業に訪問していました。
特に地方に住む学生の場合、説明会や面接の度に長時間移動しなければならず、金銭的にも身体的にも負担がかかります。

しかし、最近ではコロナの感染症対策として採用活動のオンライン化が進んでいます。
就活がオンラインで完結すれば、移動にかかる時間とコストを削減でき、移動による疲労もありません。

従来のようにオフラインで移動している人より、オンラインメインで就活をしている人の方が説明会や面接に参加できる機会が増えるため、就活がうまく進む可能性は高まります。
就活のスケジュールがオフラインメインになっている方は、オンラインでの採用活動に積極的な企業も視野に入れましょう。

優秀じゃない同期と群れない。無駄なLINEしない。

人は良くも悪くも、周囲の人や環境からの影響を受けやすい生き物です。
友人や同期が優秀であればプラスに働きますが、周囲が優秀でない人ばかりだと自分自身もマイナスの影響を受けます。

また、友人とLINEすることもあると思いますが、就活中は無駄な連絡を取らない方が良いです。
就活の進度の話になって、自分よりも相手がうまくいっていると知った場合、モチベーションが下がることも考えられます。

息抜きに連絡を取るのはいいですが、無駄にダラダラと続けるのはやめましょう。

魅力的でない企業はむしろこちらから切るべし。積極的な選考辞退はあり。

就活の序盤は不安も大きいため、できるだけ多くの企業にエントリーしようとする就活生が多いです。
しかし、就活が進むと希望の業界や企業がある程度絞られ、魅力を感じない企業が出てくることもあります。
このような場合は、積極的にこちらから選考を辞退するべきです。

そもそも魅力を感じない企業の面接を受けても、モチベーションが低いので相手側に気持ちや熱量も伝わらず、選考に落ちる確率は高まります。
選考を辞退するという連絡を入れるのは、少し気が引けるかと思いますが、ここで潔く辞退すれば無駄に面接を受けなくて済むのです。

就活生にも企業を選ぶ権利はあるので、効率を良くするためにも合わない企業はこちらから切りましょう。

まとめ:説明会も選考会も全て効率性重視し「オンライン」一択。

就活はとにかく効率性を重視して、無駄なことも極力避けたいと考えるなら「オンライン」一択です。
最近ではコロナの影響もあり、就活の仕方がどんどん変わって一気にオンライン化が進みました。

最初は以前とは違う就活スタイルに切り替わり、不安を感じるかもしれません。
もし、「オンライン就活の仕方がわからない」と悩んでいる方は「ゼロイチLIVE」に登録してみましょう。
担当のアドバイザーがオンライン就活のやり方から内定獲得までを一貫してサポートしてくれます。

ぜひ、ゼロイチLIVEをフル活用して、誰よりも効率的に就活を進めていきましょう!