【究極のSPI対策】ESなしでSPI受けられる企業20選 2020

2020年3月22日

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

SPIの対策ですが、結論から申し上げると、”徹底的に対策すべき”です。

事実、SPIの点数が低いことが原因で一次面接にすら進めない就活生は毎年多くいます。こんな悔しいことはありません。

しかしながら、これまでの受験と似て非なるSPIの対策法に悪戦苦闘している就活生も多いのではないでしょうか。

どのくらいの時間を投下すれば良いの?
教本は買ったけど何周するべき?
ボーダーがはっきりしないからゴールが見えない・・・。

毎年様々な疑問を投げかけられます。

そこで本記事では、いかに効率よくSPIをパスするかに重点を置いて対策法をまとめましたので、是非参考にしてみて下さい。

SPI対策の特徴と流れ

SPI対策として一番シンプルな方法は、教本を購入してグルグル何周も勉強していくという戦術だと思います。(実際に編集者も就活時代そうやっていました)

確かに、受験であればその方法で特に問題はないのですが、SPIには把握しておくべき「独特な特徴」があります。

それは、以下4点です。

  • 正確な点数が分からない
  • 再受験が(何度でも)可能
  • 企業毎でボーダーラインが異なる
  • 同じ問題が出てくる

当然だろう、という方もいらっしゃるかもしれませんが、単純に「勉強内容のみ」インプットするのと、「SPIの構造自体」を理解しているのでは大きな差が生まれます。

それでは上記4点を押さえた上で、詳しく対策法を考えていきます。

おすすめのSPI対策参考書籍

構造を理解したあとは「戦略的に学習」して「最大の成果」を出せばいいのですが、
基本的にインプット作業を怠りすぎてしまうと今回お話しする「戦略」の効果が非常に薄くなってしまいますので、基本的に1周~2周は回すよう心がけましょう。

以下に、就活大学がおすすめするSPI対策本をピックアップしました。かなり有名どころなので簡易的にご紹介いたします。

これが本当のSPI3だ!(2022年度版)

ここがおすすめポイント

  • 問答無用の大ベストセラー(amazon SPI対策本1位)
  • 解説がとにかく丁寧で、間違った問題を徹底的に分析できる
  • 問題と解説が見開きでユーザビリティ抜群

価格:¥1,650
発売日: 2020/3/19

商品詳細(amazon)
・業界いちばんのボリュームにも意味がある!
日本でいちばん使われている就職採用テストSPIは、受検方式によって違いがある。
本書では「テストセンター」「ペーパーテスト」「Webテスト」と主要3方式に完全対応。
・それぞれの方式によって、出題分野や問題の傾向がかなり決まっているので、過去の出題傾向を押さえた対策が有効。そのためにも受検生の声をもとに再現度の高い問題がならぶ本書が有効!
・「出る順」の出題範囲表で、方式ごとの出題範囲がひとめでわかる!
・講義形式の丁寧な解説で、数学や国語から遠ざかっていた就活生でも理解しやすい! 数学の基礎からやり直したい受検生のためには「算数のおさらい」も掲載。
・はじめてでも慌てないための攻略法も掲載。
・問題ー解説ー答えが見開きで展開。なんと言ってもわかりやすくて使いやすい!
・性格検査の解説も掲載。

これが本当のSPI3テストセンターだ! 2022年度版

ここがおすすめポイント

  • もっとも実施率の高いSPI「テストセンター」に出題範囲を絞り込んであり、効率的
  • 発売日が新しく、最新の傾向を網羅
  • 解説が丁寧で分かりやすい

価格:¥1,650
発売日:2020/4/17
商品詳細(amazon)

SPIのパソコン受検版であるテストセンター、もっとも実施率の高いSPIとして知られている。
SPIは受検方式により出題範囲、内容も異なる。
SPI対策の要であるテストセンター対策は、出題範囲を絞り込んだ本書で短期間で徹底対策!
No1の秘密
・最新傾向の問題を頻出頻度順で掲載。
・対策の要である「組問題」「回答形式」別の解説・例題も充実
・実際の出題範囲、出題内容を忠実に再現。
・見開き完結・図解も充実でわかりやすい。
・受検の流れも完全解説。

2022最新版 史上最強SPI&テストセンター超実戦問題集

ここがおすすめポイント

  • SPIで重要な「時間配分」について詳細に解説された嬉しい一冊
  • 頻出問題に絞ってあり効率的
  • 解答、解説が別冊なので使いやすい

価格:¥1,430
発売日:2020/4/15
商品詳細(amazon)

■SPIはテストセンター受験が主流に!
業界初!テストセンター&ペーパーテストの「最新頻出問題」を復元・解説しました。命題、正誤、内訳、割合と比、料金割引、鶴亀算、仕事算、円順列、重複組み合わせ、情報の読み取り、熟語の成り立ち、英語分野【ENG】まで対策が可能です。
■30秒~1分で解く超実戦的スピード解法!
最速の問題解釈、1秒も無駄にしないメモの取り方や計算方法など、時間に追われる試験会場で素早く確実に解ける解法をていねいに解説しました。「目標時間」を設定した実戦トレーニング問題で対策は万全です。
■テストセンター形式の模擬テストで合格判定!
40分で合格レベルが判定できる本番さながらの模擬テストを収録しました。「能力検査」はもちろん、実際のSPI測定領域に基づく「性格検査」で、面接対策まで可能です。
■別冊解答で答え合わせもらくらく!
練習問題、模擬試験の解答が別冊になっているので、らくに答え合わせができます。いろいろな解き方ができるSPIに対して、豊富な【別解】を紹介しました。問題解法の手順・仕組みが読んでいくだけで頭に入ります。

究極のSPI対策方法

いよいよ、準備ができたら就活大学考案の究極のSPI対策方法で就活を攻略して行きましょう。

とは言っても、戦略自体は非常にシンプルで

①勉強する②受験する③出てきた問題を記憶する④再受験する

の流れです。

試験をたくさん受けて、「出てくる問題自体」を記憶してしまうという地味ながら最強の戦略になります。

③と④を10~12回ほど繰り返すことを就活大学ではおすすめしています。
(20卒で某商社とゴールドマンなどから内定を取った担当学生さんは14回受験していました)

量をこなして、質を担保する。基本ですね。

以下の記事では、より具体的にSPI対策としての勉強法を3つご紹介しております。勉強法は十人十色。ご自身に合ったやり方が見つかるかもしれません。

ESなしで受けられる企業 20選

とはいえ、戦略③には問題点があります。

それは、「SPIを受ける為に、ESを提出しなければならない」という部分です。

そこで、ESなしで受けられる企業もまとめておきました。

(厳密には、ESは必要だが、SPIと同時提出の為踏み台として受けられる企業も含まれています)

「オンライン就活支援サービス」ゼロイチLIVE

ESなしで受けられる企業一覧

・NRI https://www.nri.com/jp

・キーエンス(説明会参加必須) https://www.keyence.co.jp/

・日本郵政 https://www.japanpost.jp/

・ボストンコンサルティンググループ https://www.bcg.com/ja-jp/default.aspx

・AGC https://www.agc.com/

・アフラック https://www.aflac.co.jp/recruit/

・住友重工 https://www.shi.co.jp/saiyo/new/

・ミルボン https://www.milbon.co.jp/recruit/

・中外製薬  https://www.chugai-pharm.co.jp/

・小野薬品 https://www.ono.co.jp/jpnw/recruit/index.html

・MRI  https://www.mri.co.jp/company/recruit/

・スタンレー電気 https://www.stanley.co.jp/

・ANA(客室乗務員)https://www.anahd.co.jp/group/recruit/ana-recruit/newgrads/

・NTTデータ https://nttdata-recruit.com/

・キオクシア https://graduates-jp.kioxia.com/

・ベルーナ https://www.belluna.co.jp/recruit/

・アビーム https://www.abeam.com/jp/recruit/

・ゴールドマンサックス(情報細め) https://www.goldmansachs.com/japan/careers/begin/local-recruiting/

・キャノンマーケティング https://cweb.canon.jp/recruit/students/

・BCG(情報細め) https://www.bcg.com/ja-jp/careers/apply/current-students.aspx

まとめ

いかがだったでしょうか。

SPI対策は「SPIの特徴をきちんと理解した上で、教本でインプット→踏み台企業でアウトプットを繰り返す」やり方が最も効率的で、かつ確実な方法です。

SPIもれっきとした就職活動の一環です。手を抜かず徹底的に対策をし、不必要な失敗を生み出さないように準備しましょう。