22卒必見!これからの就活と 面接に関して まとめ

2020年6月28日

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

いやー、今日も大学の授業が終わったら、深夜までバイトかー。

相変わらずの生活を送っているようやな。

あっ、先生!
毎日予定がいっぱいで、忙しいんだよー。

もちろん、就活の予定も入ってるやんな?

就活?私まだ3年生になったばっかりだよ?

たしかに本格的に動き出す必要はないけど、今から就活を意識しておいても損はないで!

そういうもんかなー。

よーし、君が困らんように、これからの就活事情について簡単に説明したるでー!

忙しいから10分くらいで終わらせてねー。

本記事で解決する課題

  • コロナ状況下での就活氷河期 到来での就活対策を考えられるようになる

就活における面接とは?

面接はな、就活の選考の中でもっとも大事な部分と言っても過言ではないんやで!

受けたことないから、いまいち実感が湧かないなぁー。

企業は「この人と一緒に働きたい」と思った人を採用するんや。
面接官はその人の人柄を見て、企業の社風に合うかどうかを判断するってわけやな。

なるほどー、そういうもんなんだー。

だから、就活生は面接対策に力を入れるべきなんや。

内定をもらえるかどうかは、面接の内容次第で決まります。
 
初めての面接だと、なにを話せば良いかわからず、緊張する学生は多いはずです。
 
自分の言葉でしっかり話せるよう、就活での面接対策は入念に行っておきましょう。

オンライン面接への強制移行時代

面接といえばさー、最近はオンラインへ移行するなんて話もあるんでしょ?

そうやな。
21卒や22卒の就活はパソコンさえあれば、面接が完結するような流れになりそうや。

便利な時代になったもんだねー。

やはり、2020年に発生したコロナウイルスの影響が大きいやろな。
就活はもちろん、社会人の仕事の仕方に関しても、オンラインの重要性を感じたはずや。

コロナの影響で、就活の仕方も大きく変わりそうだねー。

いきなりすべてを変えるのは難しいけどな。
少しずつ、オンライン面接へ移行していく流れになると思うで!

そしたら一歩も動かないで、部屋にずーっといても就活できるねー(笑)

コロナウイルスの影響で、これからの就活のやり方は大きく変わりそうです。
 
就活生が面接会場に足を運んで、企業の一室で面接を行うのは、もう古いやり方かもしれません。
 
段階的ではありますが、面接はすべてオンラインで進める時代に移行していくでしょう。

22卒の就活は「対策次第」で無問題

コロナの話をしたけどさー、私たちのこれからの就活はどうなりそうかなー?

うーむ、ワイがすべてを予想するのは難しいんやけど……
ひとつ言えるのは、企業が採用する学生を選ぶ買い手市場にシフトしそうやな。

えー!ってことは、私たち就活生にとって不利になるってこと?

ただ、就活市場がどうなろうと、優秀な学生は採用されるもんや。
就活生は今まで通り、自己分析や面接対策をしっかりして、就活に臨めば問題ないで

私もバイトばかりしてる場合じゃないなぁー。

授業・バイト・就活のスケジュールをうまく調整してやってかなあかんで!
とりあえず、就活の対策の仕方について軽く触れていくから、よーく聞いとけや。

はーい!

これまでの就活事情は売り手市場でしたが、コロナウイルスによって企業の採用基準は厳しくなり、買い手市場へと一転しそうです。
 
しかし、採用市場が変わっても、きちんと就活対策をすれば問題ありません。

就活面接での自己紹介!

面接対策って漠然としすぎて、どこから始めれば良いかわからないんだけど……

そうやな、まずは「自己紹介」を考えてみよか!

自己紹介なんて簡単だよー!自分の名前を言えば良いんでしょ?

ざっくりしすぎや(笑)
それ以外にも話す点はいくらでもあるで!

自己紹介の内容の一例

  • 氏名、出身地
  • 大学名、所属学部
  • 学生生活、それ以外で取り組んできたこと
  • お礼の言葉

ふーん、こんなことまで話さなきゃいけないんだー。

自己紹介は、面接で自分のことを知ってもらうための絶好の機会やからな!
氏名・大学名・自分が取り組んできたことを、簡潔に話せるとグッドや。
相手にしっかりと伝わるように、ハキハキと話せるとええな!

ふむふむ。

話す時間としては、30秒から長くても1分くらいがベストやで!
それ以上長くなると、面接官もこれから就活生のことを掘り下げていくのに、自己紹介の時点で飽きてまう(笑)

最後のお礼の言葉っていうのはー?

面接官も忙しい仕事の合間をぬって、面接の機会を設けてくれてるわけや。
「本日はお忙しい中、貴重なお時間をいただきありがとうございました」と言えると、面接官からは好印象やで!

そういうちょっとした心遣いが大事なんだねー。

面接を進めていく上で、自己紹介は「お互いがコミュニケーションを取るつかみの部分」にあたります。
 
自己紹介できちんと話せないと、「この人はコミュニケーションに難がある」と判断されかねません。
 
「たかが自己紹介」と思わず、面接対策の一環として、しっかり準備しておきましょう。

就活の面接マナー

つぎに面接のマナーについて軽く説明するで。

はーい。

まず、面接を受ける企業に到着したときの話やな。
会社の前に着いたら、受付の人に自分の氏名と大学名、そして面接を受けにきた旨をきちんと伝えるんや。

えー、面接のマナーってそんなところから意識しなきゃいけないのー。

第一印象は大事やから、気をつけておくに越したことはないで。
そんで、面接会場に案内されてからの話や!

ふむふむ。

会場に着いたら、静かに座って待っておくんや。
メモ帳を見返すとかは大丈夫やけど、空き時間を持て余してスマホをいじるのはNGやな。

うわー、暇なときすぐにスマホを触っちゃうクセあるから気をつけよーっと。

そして、面接の順番がきたら、ドアを数回ノックして入室するんや。
面接官の前で一礼したら、着席して面接本番やな!
終わったあとも、きちんと「ありがとうございました」とあいさつして退出するんやで。

細かいルールばかりだなー。覚えられるかなー。

ほんまはもっと話しておきたいんやけどな。
より詳しく面接マナーが知りたければ、こっちに書いてあるから見ておくとええで!

就活の面接は「企業に到着したところ」から、すでに始まっています。

面接官だけが自分を見ているわけではありません。

面接以外でも気を抜かず、適度な緊張感を持って企業に訪問しましょう。

【実践】就活の面接対策

最後に就活での面接対策についてや。

えー、まだ終わらないのー。

とりあえず、「想定される質問に対して、回答を用意しておく」ことが大事や。
よっぽど話がうまくない限り、その場で完璧に返答するのは無理があるで。

その場で返答できるとか、どんだけコミュニケーション能力高いのー。

そうやんな?普通は無理やな。
ただ、面接で良く聞かれる質問ちゅうのは、ある程度パターンが決まってるんや。
それに対する回答を用意しておくだけでも、面接本番での緊張度は変わってくるで!

私はカンペがあっても、答えられる気はしないけどねー(笑)

……まぁ、それは置いといて。
あとは、誰かに手伝ってもらって、一緒に面接練習するのもありやな。

えー、めちゃくちゃ恥ずかしくない?

そう思う気持ちもわからんでもないが、自分ひとりで面接練習しても、「できた気になってる」パターンが多いんや。
自分を客観的に見てもらってこそ、自分の良い点と悪い点が改めてわかるんやで!

そういうもんかねー。

ちょっと駆け足になってもうたから、面接対策の具体的な話はこっちでまたやるでー。
今日はとりあえずおしまいやな! 

やっと終わったー!
私おつかれさまー。

面接練習は機会があれば、誰かに面接官役をやってもらい実践しましょう。
 
就活生の友達と一緒に、役割を交代しながら練習するのがオススメです。
 
お互いのメリットが大きいので、就活対策にはもってこいと言えます。

就活対策

Posted by tamaki