【22卒必見】これからの就活を制する自己PRの作り方とは?

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

自己PR

必ずといっていいほど就活で聞かれる自己PR。
就活における自己PRは、内定獲得を左右する重要な要素のひとつとも言えます。

しかしながら、どのように自己PRを作ればいいのかわからないという就活生も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、就活を制する自己PRの作り方を解説してきます。
面接官に刺さる自己PRを準備することができれば、あなたの印象が良くなること間違いなしですので、ぜひ参考にしてください。

この記事を読むメリット

これからの時代に対応した自己PRの作り方がわかる

「自己PRの作り方がわからない」と悩む就活生は多い

就活の面接やエントリーシートでは、自己PRを聞かれることがほとんどですが、実際に自己PRの作り方がわからないと悩む就活生は多くいます。

そもそも就活における自己PRとは、自分のいいところをアピールするものです。
企業側としては、自己PRからあなたがどういった人なのか、入社後どのように働いてくれるかなどを見ています。

つまり、内定獲得を目指すためにも、自己PRはしっかりと準備しておく必要があるのです。

自己PRはあなたを知るために聞いている

就活生の中には、なぜ自己PRを聞かれるのだろうと疑問に思う人もいるかもしれません。
上記でも記載したように、自己PRからあなたがどういった人なのか、入社後どのように働いてくれるかなどを見ています。

それだけではなく、自己PRから企業との相性やコミュニケーション能力の有無・どのようなメリットを与えてくれるか・どのくらい意欲があるかなどを見ています。

つまり、自己PRは採用するかどうかを判断する際に重要な材料となるのです。

自己PRが書けない原因とは?

自己PRが書けないという人の多くは「自己分析不足」が原因です。

自己分析は就活における基本ですが、その基本がしっかりできていないことから自己PRが書けなくなっているのです。
しっかりと自分自身を見つめ直すことで、あなたの長所や軸を見つけることができます。

また、自己PRが書けない原因としては「思い込み」も挙げられます。
自己PRが書けない人の中には、「自己PRにかけるようなアピールポイントがない」といった思い込みをしている人がいます。

自己PRは確かにあなたのアピールをするものですが、就活においては実績などが重要ではなく、勉強やアルバイトなどに対する取り組みが重要です。

どのような内容でもいいので、その事柄に取り組んだ理由や取り組んでどのようなものを得たのかなどを明確にしましょう。

「自己分析」をすることが自己PRを考える上での近道

自己PRがなかなか思いつかないと悩んでいる人は、「自己分析」から始めてみましょう。
自己分析を行うことで、あなたの強みや価値観・軸を見つけることができ、自己PRに繋がります。

自己分析の詳しい方法を知りたい人は下記の記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

自己分析が苦手な人は就活支援サービスも利用しよう

自分自身では自己分析ができないという人は、「就活支援サービス」を利用しましょう。

就活支援サービスの種類は多いですが、どのサービスも基本的に自己分析からや自己PR・面接対策など、内定獲得までに必要なサポートをしてくれます。

客観的にサポートしてくれますので、あなたが気づかなかった強みなども見つけられるかもしれません。

サイトによっては、自己分析ツールなども導入されているため、自己分析で悩んでいる方は利用してみてください。

自己PRと自己紹介はまったくの別物

就活の面接などにおいては、面接官に「自己紹介をお願いします」と言われることがあります。
しかしながら、就活生の中には自己PR=自己紹介と認識している人が多いようです。

まずは、自己PR=自己紹介ではないことを知っておきましょう。
自己PRと自己紹介は全くの別物です。
この認識を間違ったまま面接へ行くと、戸惑ってしまいます。

それぞれどのように違うのか、どのような内容を準備しておくべきなのか見ていきましょう。

自己紹介に関し、詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

自己紹介は基本情報を伝える時間

そもそも自己紹介とは、学校や名前・専門分野・趣味など基本的な内容を伝えるもので、企業にあなたを知ってもらうことを目的としています。

自己紹介では、基本的に下記の内容を1〜2分にまとめて話します。

  • 挨拶
  • 最終学歴(大学名等)
  • 氏名
  • 面接時間を設けていただいたことに対するお礼
  • 趣味
  • 主な専門分野
  • 挨拶

自己PRは強みなどをアピールする時間

反対に自己PRは、あなたの強みなどをアピールするものであり、企業にあなたを売り込むことを目的としています。
自己紹介の目的とは異なることがわかるかと思います。

自己PRでは、あなたの強みや強みの根拠、また就職後にどのように貢献するかをアピールします。
そして企業に必要な人材であることを感じてもらう内容を準備する必要があります。

【具体例】面接官にウケる就活での自己PR

自己PRの構成としては、まずアピール部分を提示して、その根拠となる経験談などを話す構成がいいでしょう。
また、その後にそのアピール部分が、企業にどう活かせられるのかまで伝えることが非常に重要です。

では実際に面接官にウケる就活での自己PRの具体例を紹介していきます。

継続力の具体例

私は何事にも諦めずに努力を続ける継続力があります。
私は中学生から現在に至るまで毎日、日記を書き続けています


日記を書くことでその日を振り返ることができるため、自分自身を客観的に見ることができるようになりました。
今までは客観的に見ることがありませんでしたが、日記を続けることで今の私に何が足りていないか見つけることができ、自信を持つことができるようになりました。

貴社に入社後もこの継続力を活かし、様々な仕事で成果を残していきたいです

協調性の具体例

私は協調性があり、縁の下の力持ちとして行動できます。
大学時代は飲食店のホールでアルバイトをしていました。


混雑時にスムーズに対応するため店長が話し合う機会を設けたのですが、アルバイトとの意思疎通がうまくいかず、スムーズに対応することができていませんでした。

そこで私はどのように動くとスムーズに行くかそれぞれ意見を聞き、再び話し合う機会を設けました。
そしてこまめにコミュニケーションを取ることで、混雑時でもスムーズに対応することができるようになり、お客様からの喜びの声を聞くことができました。


貴社でも協調性を発揮し、周りをサポートしていきながらチームの目標達成に貢献したいと思います。

計画性の具体例

私は物事の優先順位を考えて計画的に進める力があります。
学生の本分は学業だと感じていますが、私はアルバイトと部活も行っていました。


そのため、常に優先順位を考えなければいけません。
試験では直前にだけ勉強に取り掛かるのではなく、1ヶ月前から計画性を持って1日に3時間勉強に取り掛かるようにしていました。
その結果大学でもGPAが3.7以上と、良い成績を残すことができました。


この持ち前の計画性を活かし、貴社でも常に優先順位を考え計画的に仕事をこなして成果を残したいと思います。

最近は自己PR動画の提出を求める企業が増えている

自己PRは、基本的にエントリーシートや面接にて聞かれるものでしたが、最近では自己PR動画の提出を求める企業が増えています。
特に2020年になってからは、コロナウイルスの影響からより増えているようです。

面接だと決まった日時に実施しなければいけませんが、自己PR動画だと就活生も好きな時間に録画できますので、時間に余裕ができます。

また、自己PR動画の提出方法によっては何度も取り直すことができるため、あなたの満足のいくものを送信できます。

企業側としても、エントリーシートの文面だけでは分からない雰囲気や人柄などがわかるため、今後も取り入れる企業が増えるでしょう。

自己PR動画で好印象を与えるには準備が重要

そもそも自己PR動画とは、学生がスマートフォンなどを利用して自己PRを動画で録画し、録画したものを企業に送信するというものです。

自己PR動画もただ自己PRを話す姿を録画するだけではありません。
録画する際には以下のポイントを押さえておきましょう!

  • 服装は面接時と同じ服装で(私服かスーツ)
  • 清潔感のある身だしなみで
  • 録画の際は自宅で
  • 照明や背景などは録画前に確認しておく
  • だらだらと話すのではなく結論を冒頭に話す
  • 話す内容は事前に頭に入れておく
  • 笑顔でハキハキと話す
  • 画面に両肩が写るくらいの位置で撮る
  • 始まりと終わりは挨拶を!

これからは「就活のオンライン化」に対応した自己PRが必須

自己PR動画を求められる時代になってきているため、これからは就活のオンライン化に対応した自己PRが必須です。

自己PRで求められるものは、対面でも動画でも変わりはありません。
しかしながら、就活のオンライン化には対応していく必要があります。

特にこれからの就活では、WEB面接などが用いられるようになります。
つまり、これからはオンライン就活を制するものが就活を制する時代になりますので、早いうちから準備をしておきましょう。

また下記の記事では、コロナウイルスの影響もある中でのオンライン就活について、詳しく記載されていますので、就活を制したいという方はぜひ参考にしてください。

まとめ

今回は、就活を制する自己PRの作り方を解説してきました。
自己PRを作るためには、自分史を書くなど自己分析をする必要があることが分かったと思います。

これからの就活を制するには、オンライン化に対応することが重要となってきますので、今のうちから自己PRなどの準備をしておきましょう。

特に今のようなコロナ禍では、オンライン就活をいかにうまく活用できるかが結果を左右します。

早期から準備をしていきたい方は、企業選びから内定獲得までしっかりとサポートを受けられる「ゼロイチLIVE」をぜひ利用してみてください!