就活で志望動機を作るなら「自分」を知るところから始めよう

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

「志望動機がうまく書けない」と悩む就活生も多いのではないでしょうか?
実際に就活の面接できちんと志望動機と話せる学生は多くありません。

志望動機で重要なのは、企業に目を向けるだけではなく、「自分の掘り下げ」です。
今回は就活での志望動機の作成方法をより詳しく解説していきます。

また、そもそもなぜ就活面接で志望動機を聞かれるのかなども解説しますので、ぜひ参考にしてください!

この記事を読むメリット

逆質問のやり方とコツを理解できる

就活面接で志望動機を聞かれる理由

就活の面接では多くの場合志望動機を聞かれます。
聞かれる理由としては、就活生が入社する可能性や、入社後長く働いてくれるかを見極めるためです。

それだけでなく、就活生と企業の相性を見るためにも企業は志望動機を聞きます。
これらのような志望動機を聞く理由がありますが、それぞれの理由について見ていきましょう。

就活生が入社する可能性を見極める

まず、就活面接で志望動機を聞く理由としては「就活生が入社する可能性を見極めるため」です。

企業は就活生に内定を出したとしても、入社してくれなければ全く意味がありません。
企業側も採用できる人数は限られており、企業側としても内定辞職率を下げたいと考えています。

また、仮に入社したとしても、すぐに退社されることは企業側としても避けたいと考えています。
つまり、志望動機を聞いて入社してくれるのか、入社後長年働いているのかを判断しているのです。

そこでもし志望動機に明確な理由が見られなければ、企業側も入社する可能性がないと判断します。
志望動機が明確にされていることで、企業にも入社意思を伝えることができます。

就活生と企業の相性を見る

就活面接で志望動機を聞く理由2つ目は、「就活生と企業の相性を見るため」です。
この理由は先ほどの「就活生が入社する可能性を見極めるため」と近いですが、相性から入社後その就活生が長く働いてくれるかを見ています。

就活生と企業の相性が悪いと、入社したとしてもすぐ退職してしまう可能性が出てきます。
その可能性を下げるためにも志望動機を聞いて、就活生と企業の相性を確かめているのです。

企業によっては、とても評価の高い就活生がいたとしても、企業との相性が悪いと判断されると落とされることもあります。
企業側としてもその企業の雰囲気にあった人と仕事がしたいので、志望動機から相性を判断して、企業に合った就活生を選出しています。

就活生の熱意を図るため

就活面接で志望動機を聞く理由3つ目は、「就活生の熱意を図るため」です。
企業が採用する際には、必ずといっていいほど熱意が重視されます。

熱意があることで、その企業に就職して活躍する可能性を感じることができます。
また、熱意があることで、その企業で長年働いてくれる印象を面接官は持ちます。

いくつか志望動機が聞かれる理由を解説してきましたが、どれも最終的には入社して長年働いてくれるかを判断するためという理由につながります。

志望動機を書けない就活生は意外と多い

「志望動機がうまく書けない」という悩みを持っている人は多いのではないでしょうか?
実際に、志望動機がうまく書けない就活生は多いようです。

簡単な志望動機は思いつくものの、エントリーシートや面接などで準備する際には、文字数などで悩んでしまう就活生も出てくるでしょう。

内定をもらうには、志望動機は避けて通れないものですので、しっかり押さえて就活に挑みましょう。

志望動機を書けない理由は自己分析不足?

実際に志望動機が書けないという就活生は多いようですが、書けない理由としては自己分析不足が挙げられます。

自己分析は、就活をする上で欠かせないものです。
自己分析がしっかりできていないことで、自身に合った業界が見つけられなかったり、自身が求めているものが理解できなかったりします。

自己分析をしっかりすることで自身の強みを見つけることができ、どのような業界が合っているのかを把握できますので、自己分析は怠らないようにしましょう!

まずは自分史を掘り下げてみよう

「志望動機がうまく書けない」といった悩みを持っている方は、まず自分史を掘り下げてみましょう。
自分史を掘り下げることで自己分析にも繋がります。

上記でも述べましたが、志望動機を書く際には自己分析が欠かせません。
しかしながら、自己分析の方法がわからないという人も多いはずです。

そういった方は、まず初めに自分史を掘り下げることから始めましょう!

そもそも自分史とは?

そもそも自分史とは、過去から今までの人生にあった経験を振り返りまとめたもののことを言います。
人によってまとめ方は異なりますが、年表にまとめたり個人で作ったフォーマットにまとめたりします。

自分史を書くことであなた自身の自己分析をすることができ、面接などもスムーズにこなすことができます。
また、あなた自身が気付いていなかったあなたの価値観なども見えてきます。

自分史の書き方を知っておこう!

自分史は基本的に下記の方法で書いていきましょう。

  1. 現在の自分から時系列順に経験を書き出す
  2. その経験に対して感じたことなどを書き出す

書き出す際は、現在の自分から過去という順番で、いつ何があったのかを書き出しましょう。
過去は小学生時代か幼少期までで、自身の原点となる部分はいつなのか明確にしましょう。

加えて下記のポイントも取り入れてみるといいでしょう。

  • 客観的に書く
  • それぞれの共通点や違いはあるか確かめる
  • 小学生時代、中学生時代その他それぞれの将来の夢はどう変化していったか
  • それぞれの時代で何を頑張ったのか明確にする
  • 自分の意思で決定した出来事にはなぜそれをしたのか書き出しておく
  • 書き出したら家族や友人に一度見てもらう

自分史を自分以外に見せることは恥ずかしいことかもしれませんが、客観的に見てもらうことが志望動機にも繋がりますので見てもらうようにしましょう。

就活の軸を決めると志望動機を書きやすい

面接などでも時折聞かれる「就活の軸」をご存知ですか?
自分史を掘り下げることで、就活の軸が見えてきます。

就活の軸と志望動機は密接な関係であるため、就活の軸が決まることで志望動機が書きやすくなると言えます。

そもそも就活の軸とは?

そもそも就活の軸とは、会社選びなどの就活をする上で譲ることができないもの、軸となっている考えのことを言います。

具体的には下記のような就活の軸が挙げられます。

  • 英語を生かした仕事がしたい
  • 不動産に関連する仕事がしたい
  • 研究開発に携わりたい

ただ、これだけではどの企業にも当てはまる軸であるため、ここからより一層深掘りしていくといいでしょう。

就活の軸はどうやって見つける?

就活の軸は、就きたい業界を選んだ理由を明確にすることで見つけることができます。

ただ単に給料が良かったから、安定しているからなどの理由だと就活の軸がぶれやすくなりますので、面接でも答えられるような就活の軸を見つけましょう。

自分史を書くことで、比較的簡単に就活の軸を見つけられますのでぜひ活用してみてくださいね!

志望動機作りに困ったら就活支援サービスを利用しよう

自分史を書いたけど志望動機がどうしても書けない!
このような人もいるのではないでしょうか?

そんな人は、就活エージェントなどの就活支援サービスを利用しましょう。
就活エージェントとは、プロのエージェントが専属で面接対策や履歴書の添削など就活を支援してくれるサービスです。

自己分析の方法を教えてくれたり、志望動機のまとめ方なども教えてくれますので、志望動機がうまく作れないという人は利用してみてください!

また、就活大学を運営するゼロイチユニットでは、キャリアカウンセラーが無料で就活相談を実施しています。
以下のページから、公式LINEに無料登録できますので、ぜひ活用してみてください!

まとめ

今回は就活での志望動機の作成方法を解説してきました。
自分史を掘り下げることで自己分析をすることができ、志望動機に繋がります。

志望動機は、必ずといっていいほど聞かれますので、早いうちに準備をしておきましょう!