【共有】22卒が逆算的に取り組む為の就活スケジュール

2020年6月28日

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

あー、ついに大学3年生かー。
大学生活の半分があっという間に終わっちゃったなー。

いよいよ就活本番って感じやな。
君のような、22卒の学生はこれから動き出すんやで!

いやー、私はまだまだ遊びたいなー。
就活は4年生になってからでも間に合うでしょ?

その考えは甘いで?
きちんと就活スケジュールを考えてやな……

あー、はいはい、わかりました。
先生のありがたいお話を聞けば良いんでしょー。

本記事で解決する課題

  • 就活のゴールから逆算してスケジューリング出来るようになる

就活におけるゴールは設定できているか

就活はな、なんとなく進めても内定はもらえんのや。
就活スケジュールを把握して、行動する必要があるんやで!

スケジュール管理とかめんどくさいなー……

なんならこの3年生になった瞬間から、22卒の就活は始まっとるんや!
人によってはもっと早く動いてるしな。

そもそも就活の進め方がわかりません!

就活生は「内定をもらうこと」がゴールではないんや。
内定をもらえるように努力するのは大事なんやけど、「将来やりたいこと」や「会社に入って成し遂げたいこと」を先に決めた方がええな!
その目標を設定して、どういう風に行動していくかが就活を成功させる鍵やな。

なんか難しいなー。

この後、もう少し具体的に説明してくから、落ち着いて待っとけやー。

22卒に限らず、就活は1〜2年におよぶ長期戦になります。

なんとなく行動しても、なかなか内定はもらえません。

自分の中で将来のビジョンを決めて、就活を進めていきましょう。

22卒の就活は厳しくなる

就活スケジュールについて説明する前に、現実を伝えとかなあかんな。

あんま良くない話なんでしょ……

お察しの通りや。
結論から言うと、22卒の就活は今まで以上に厳しくなりそうやな……

やっぱりなー。
それはコロナウイルスの影響?

せやな……
コロナの影響で、休業せざるを得ない企業も出てきて、最悪の場合倒産するところもあるんやからな。
全体の傾向として、採用活動する余裕がない企業が多いってことや。

んー、なんかタイミングがよろしくないなー。

これまでの「学生側が行きたい企業を選べる売り手市場」から、「企業がより優秀な学生を採用する買い手市場」へとシフトしそうやで。

私たち22卒の学生は、入念な就活対策が必要になるんだね。
「どこでも良いから採用されたい」って考えじゃダメそうだなー。

その通りや。
就活スケジュールを把握して、自分の決めたゴールから逆算して行動せなあかん
さらに、いろいろな面で「就活のオンライン化」が進みそうやな。

今までの常識は通用しなくなるんだねー。

面接もオンラインが当たり前になって、新たな面接対策が必要となるんや。
22卒の学生は本当大変やで……

うーん、4年生から頑張ろうとか言ってる場合じゃなさそうだー。

昨今のコロナウイルスの影響により、22卒の就活情勢は悪化することが予想されます。

売上減少により、学生を採用する余裕がない企業も多く、採用活動自体が停滞しそうです。

22卒がゴールから逆算する就活スケジュールとは

いよいよ本題やな。
22卒の就活スケジュールについて、その流れを確認していこか!

はーい。

就活情報の解禁(2020年の4月)

この時期から就活関連のイベントやセミナー、そしてインターンシップの情報が少しずつ明らかになっていくんや!
本格的な就職活動は4年生になってからやけどな。

あくまで就活の情報だけってことねー。

情報って言っても、大事なことばっかやで。
就活では、企業研究や自己分析といった事前準備が必要不可欠なんや!
事前準備をすることで、「自分自身の強み・弱み」「自分がどのような企業が向いているか」など、就活の軸を決めるための材料探しができるんや。

むずー。

それに加えて、「就職した後、どう働いていきたいか」を一緒に考えられると、より有意義な就活ができるんや。
就活の軸について、詳しくはこっちにも書いてあるで。
【No.20のリンク】

まだ就職もしていないのに、就職後のことを考えるのかー……

事前準備をしっかりしておけば、就活でええスタートダッシュが切れるんや!

インターンの開始(2020年夏頃)

そんで3年の夏になると、今度はインターンが始まるんや。

めんどくさいけど、参加した方がいいのかなー?

積極的に参加すべきやな!
社会人になる前に、企業で働く経験ができるってのはデカイで。
インターン生として企業で働くと、「業界のリアルがわかる」「自分の仕事の適性を理解できる」といったメリットがあるんや。

なるほどー。

インターン自体は1年を通してやってるんやけど、人気企業は早めに募集をかけ始めるみたいやな。
どんどん企業を調べてみて、インターンに応募してみるとええで!

わかりましたー!

採用情報の解禁(2021年の3月)

実際の就活のスタートは4年になってからでしょ?

厳密に言うと、3年生の3月に採用情報が解禁されるんや。
就活サイトで企業説明会の応募やプレエントリーが一斉にスタートするで!

そうなんだー。

ただ、これはあくまでも目安であって、大手企業はこの時期になると選考を始めてるところもあるで!
企業側もより優秀な学生を採用できるよう、動き出してるってことやな。

乗り遅れないように、前もって準備しとかなきゃだねー。

選考スタート(2021年の6月)

そんで4年生の6月になると、本格的に書類選考や面接が始まるわけや!

ここでさっき言ってた、「将来やりたいこと」とかが大事になってくるわけ?

せやな!
「就活の軸」や「将来のビジョン」を決めておくと、就活はうまくいくで!

世の中にどんな会社があるかもわかってないから、すぐに決めるのは難しそうだなー。

就活の軸はなんとなく決めておけば大丈夫や。
選考を受けていくうちに考えが変わって、軸そのものが変わる事もあるしな。

それならそんなに気負わなくても大丈夫そうだねー。

就活の軸は企業から見ても、「就活生がうちの会社に合うかどうか」を判断する材料になるんやで。
そして、就活生と企業の双方の考えがマッチすれば、「内々定」ってわけや。

内々定は内定とは違うのー?

内々定は「今度内定を出しますよ」っていう約束みたいなもんやな。
そして内々定をもらった学生は、10月1日の入社式をもって、正式にその企業から内定をもらうって感じや。

内々定まで漕ぎつければ、とりあえず安心なんだねー。

よっぽどの問題を起こさなきゃ大丈夫やな(笑)

22卒の就活は、きちんとスケジュールを把握して動きましょう。

そして、「自分の将来のビジョン」を決めて、ゴールから逆算して入念に就活の準備をしてください。

少しでもインターンは経験しておこう

繰り返しになってまうけど、22卒の就活生は1社でもええからインターンは経験しておくべきやで!

インターンの参加にはどういうメリットがあるのー?

実はインターン自体が選考になる可能性もあるんや

どういうことー?もっと詳しく!

インターン生は、その会社の社員と一緒になって仕事をするわけや。
仕事ぶりを認められて、会社の人間と良い雰囲気を作り出せれば、入社のオファーをいただける可能性もあるで!
そもそも選考の一貫として、インターンを取り入れてる企業も多いしな。

インターンに参加すればお給料ももらえるし、良い事尽くしだねー。

そういう捉え方もなくはないか……(笑)
インターンで業務内容のミスマッチを防げるし、参加するに越したことはないで!

もしかしたら、インターン先のカッコいい先輩と良い関係になれるかもしれないしね!

それはご自由にどうぞ(笑)
責任は取れんけど……

インターンは自分の仕事の適性を判断できる絶好の場です。

業務内容や業界自体へのミスマッチを防げる上に、就活の軸を見つけるきっかけにもなります。

自分の就活スケジュールを調整しながら、積極的にインターンへ参加してみましょう。

まとめ

コロナウイルスの影響により、22卒の就活は例年以上に厳しくなることが予想されます。

「まだまだ時間はある」と思わず、3年生のうちからコツコツと就活の準備をしていきましょう。

ただし、なんとなく就活の準備を進めても意味はありません。

就活において、「将来自分がなりたいビジョンを決めておく」ことが内定を獲得するためのポイントとなります。

自分自身の将来像から逆算して、「自分の強みはどのように仕事で活かせるか」をうまく分析しながら、悔いのない就活ライフを送ってください。

就活対策

Posted by tamaki