【最新情報まとめ】今やるべき本質的な「就活とは?」

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

みなさんはふと、「就活とはなんなのだろうか」と疑問を感じたことはありませんか?

大学に入学すると、多くの学生は授業・サークル活動・バイトなど、自由な時間を楽しむでしょう。
それが3年生になった途端、急に就活を意識し始め、4年生になり就活情報が解禁されると、みな一斉に就活モードへと気持ちが切り替わります。
そうして内定を取ることが就活と言えるのでしょうか?

今回はこのような疑問を抱えている人のために、「本当の就活とはなにか」について、理解を深めていただけたらと思います!

この記事を読んで解決する課題

  • 表面的な就活ではなく、本質的な就活を理解できる
  • 就活を定義から考え直すきっかけになる

本当の意味での就活とは何か

就活とは「就職活動」の略称であり、学生が企業に就職するために企業から内定をもらうまでの行動全般のこと。
次のように、就活中はやるべきことがたくさんあります。

  • 自己分析
  • 企業(業界)研究
  • インターンへの参加
  • ES(履歴書)の作成
  • 企業説明会への参加
  • 面接対策
  • 書類選考
  • 面接

内定獲得に至るまで、これだけの過程を経なければなりません。
この一連の過程をこなすのが本当に就活と言えるのでしょうか?

周りの学生に流されて就活を始め、なんとなく内定をもらうことが「就活のゴール」と言えるのかは疑問です。
そこで今一度、本当の就活の意味を考え直してみましょう。

内定をとることだけが就活ではない

結論から言えば、就活とは「内定を取れば良い」というわけではありません。
もちろん、内定獲得を目指すのも悪くはないですが、それ以外にも就活をする意味はたくさんあります。

そこで、就活をする意義の具体例を2つに分けてみました。

自分の今後を見つめ直す期間になる

まず、就活中は「本当に自分は就職してやっていけるのか」を今一度見つめ直すための期間と言えます。
就活中にさまざまな人の意見を聞いて、自分の今後の働き方を考え直してみてください。

内定を取るまでの過程において、このような話を聞けるチャンスがたくさんあります。
その中でも、インターンへの参加は企業で働く経験もできる貴重な機会です。

  • お給料をもらいながら、業務内容を体験し会社の雰囲気を確かめられる
  • 職場の先輩と話すことで、社会人の生活について理解を深められる

職場の人と積極的に話してみて、自分の就活について振り返ってみましょう。

そのほかにも、アルバイトや就活イベント(座談会・ワークショップ)でも同じように、社会人と触れ合える場はいくらでもあります。
実際に社会人として働いている人の意見を聞きながら、自分が就活をしている意味をもう一度見つめ直してください!

自分の魅力をアピールする練習ができる

また、就活はある種「自分を売り込むための訓練の場」とも考えられます。

  • 自分が企業に入社したらいったいなにができるか
  • 企業が自分を採用したらどのようなメリットがあるか

など、積極的にアピールするのが面接です。

企業が内定を出したということは、「自分という就活生に対して魅力を感じた」ということ。
言い方は良くないかもしれませんが、「自分という商品を購入するメリットを感じた」と言い換えられます。

このように自分の魅力を伝えられるだけの能力があれば、自分で営業して仕事を獲得するための素質を持っているということです。
絶対に内定をもらった企業に勤めなければいけないルールはありませんので、もう少し就活について柔軟に考えてみましょう!

あなただけの就活における目標を設定しよう

就活をただの内定を人より早く取るゲームのように考えるのは、非常にもったいないことです。
就活とはなにかを知るために、就活を通して目標設定をしましょう。

10年先の目標でも良いですが、できれば中長期的な目標を立ててみてください。
ひとつの企業に入って成し遂げたい目標でなくても構いません。
早い人だと、3年生になったあたりから就職を意識しだすので、1〜2年単位で就活中にできそうな目標がベストです。

例えば、「就活を通じて、できるだけいろいろな人に会ってみる」という目標設定をしてみてはいかがでしょうか?
さらに具体的に言えば、「1年間で、社会に出て活躍している先輩100人に会って話を聞いてみる」といった感じです。
その100人に会って、多種多様な価値観に触れてみてください。

  • 自分の考え方はやっぱり正しかった
  • 捉え方の違いについて非常に勉強になった
  • 自分の思考は浅はかだった

など、いろいろな感想が出てくると思います。

自分より年上の人であれば、「意見に重みや説得力がある」と感じますし、同年代の人であれば、「自分も見習って頑張らなきゃ」となにかしらプラスに感じるでしょう。
こうやって人と出会って意見を聞くことで、「就活は必ずしも内定を取れば良いわけではない」と理解できます。

就活の目標設定から、内定までのフォローアップ・オンライン就活のサポートまでワンストップで就活支援をしているゼロイチUnitが大好評です。
以下バナー画像より無料でLINE@登録が可能です。お気軽にご登録ください。

ゼロイチUnit

就活の始め方とすること

これから就活を始めるにあたり、「どこから手を付けたら良いのか」「就活以外の予定とどう両立すればいいか」といった不安が出てくるでしょう。

いきなり就活を始めるにしても、とりあえず就活の全体像を把握しなければなりません。
就活そのモノが1〜2年の長期戦になる可能性が高いので、計画的に進めていく必要があります。
この期間で「就活とはなにか」という深いテーマと向き合っていくことにもなるでしょう。

また、計画的に就活を進めていく上で、当然スケジュール管理も重要となってきます。
学生は就活以外にも、授業・アルバイト・プライベートなど、学生生活を送っていく中で、優先順位を考えながら行動しなければなりません。

そこで、就活について不安を感じている方のために、以下で「就活の始め方」を詳しく解説しています。
これから就活を意識しなければならない22卒・23卒の学生の方は、ぜひ参考にしてみてください!

まとめ

せっかく就活をするのだから、ただ内定を取ることだけを目標にしては面白くありません。
就活期間を利用すれば、自分の今後を見つめ直すきっかけ作りにもなり、自身の魅力をアピールする練習の場にもできます。

そのためには、就活を通して自分がやりたいことを決めた上で、目標設定をするのが大切です。
自分が就活中に達成できそうな目標を立てて、内定を取ること以外で「就活をする意義」を見出してください。

「就活とはなにか」をつねに考えながら、就活を進めていきましょう!

特集

Posted by tamaki