【就活・東洋大学生特化】就活対策法 2020 まとめ

2020年4月7日

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

就活って大学名のブランドに差があったりするから、大学ごとにやり方って変わると思うんだけど、どうなんだろう。

せやな、大学フィルターって言葉もあるように、やっぱり大学名の差が就活に影響することは少なからずあるねんな。

企業は「上位大学」「中堅大学」「下位大学」と区別してそれぞれの層によって待遇を変えるってことが世間では言われているな。
そういう意味では日東駒専は「中堅大学」と捉えている企業がほとんどや。

だが、安心せい。日東駒専は「中堅大学でトップクラス」と認識されているんや。

なるほど!じゃあ学歴という点ではとても不利な訳じゃ無いんだね。

せやねん、もちろん企業からしたら”学生個人に目を向ける前段階(書類選考など)”の際は上位大学の学生の方を採用したいっていう考えはぶっちゃけあるが、「”中堅大学トップクラス”の学生の中には上位大学に匹敵する、もしくは凌駕する能力を持つ学生も一定数いるだろう」と考えている企業が多いんや。

じゃあ、具体的に東洋大学生に特化した就活の方法ってどんなことがあるんですか?

それを説明するにはまず、自分を知る(自分の大学の情報を理解する)ことが大切やで。

東洋大学の情報

東洋大学の特筆すべき点は、「就活実績に学部差が無く平均的に成績の良い就活実績を残している」と言うことや。

この章では、具体的な就活法を知る前段階として知っておくべき東洋大学の情報をまとめるで。

大学情報

大学名東洋大学
学部在学生数(2019年5月現在)約30,000人
学部数13学部
就活に強い主要学部全学部平均的に強い
大学の強み実践的な就活支援

この表について、就活をする上で特に意識すべき情報って何ですか?

それは、「学部によってあまり実績に差がない」ことと「大学が行なっている就活支援がとても実践的で直接就活に活かせる」点やな。

それぞれ解説する前に、もう少し東洋大学の情報を深掘りしていくで。
次に、東洋大学の過去の進路実績を紹介するで。

東洋大学の実績

実際に東洋大学の卒業生が就職した主要企業をまとめたものが以下や。

  • 東日本旅客鉄道(株)(JR東日本)
  • 警視庁
  • 埼玉県教育委員会
  • 東京都教育委員会
  • ANAエアポートサービス(株)
  • 日本郵便(株)
  • (株)ベネッセスタイルケア
  • 千葉県教育委員会
  • 大和ハウス工業(株)
  • (株)京葉銀行

出典:東洋大学-主な就職先一覧

専門性の高い職種というよりは、広く名の通ったちゃんとした企業の一般職に就職している先輩が多いように見えるな。とても就職の成績はいいんじゃないか?

サークルのOB・OGが実際にいる企業にアプローチをかけて、ツテで就活を乗り切る人も意外と周りに多くいます。

東洋大学生に多い進路・業界

東洋大学生に多い業界を知っておくことも大事な情報の一つやで。
なんせ、進路として多い業界=東洋大学の強みを活かしやすい業界と言い換えられるからや。

出典:東洋大学入試情報サイトTOYOWebStyle-就職実績

とても分かりやすくまとまっているな。
大学の就職実績は普通、その専門性の高さから理系学生が就職しているであろう業界が上位を占める傾向があるが、上記を見てみると「学部差があまり出ない一般職への就職実績が多い」ことが分かるで。

つまり、東洋大学は「全学部共通で行なっている就職支援がとても充実」していて、就職に不利な学部が生まれないようサポートを意識している、と言えるやろな。

東洋大学の強み

それじゃあ具体的な東洋大学の強みを解説していくで。
これはひとえに「入学時から明確に就活を意識した”キャリア支援プログラム”を実施していて、就活時には個々人に合わせた支援を行なっていること」といえるで。

なるほど、具体的にはどのような支援を行なっているのでしょうか。

そうやな、例えばキャリア支援プログラムの一環で行われている、1、2学年対象の「PROG受験」などがそれに当たるやろうな。
このPROG受験というのは、専攻・専門に関わらず、社会で求められる汎用的な能力・態度・志向=ジェネリックスキルを測定・育成する目的で行われているテストであり、受験することで自分の”社会的なスキル”を知ることができ、自己分析をする上での大きな判断材料の一つになるで。

これを”大学が推奨して学生に受けさせている”というのは結構珍しく、東洋大学側が明確に就活を意識しているのが分かるな。
やったことない東洋大生は是非受験しておきたいテストや。

なるほど!確かに大学側が盛んに筆記対策や模擬面接、会社説明会などを開催している情報は入ってきています。
東洋大学は学問はもちろん、就活にもかなり力を入れている実践的な大学だったんですね!

せや。特に東洋大学で知っておくべき取り組みは、「学生全体に対し、個々の就活の進度に合わせた支援を行なっている」という点や。これはほんま凄いことやで。

東洋大学の就活支援はとても力が入っており、日曜日を除いた全ての曜日で「就活支援室」というものをキャンパスごとで開いています

また東洋大学は就活が決定した4年生に「就職体験レポート」と称した、成功談を提出させています。この情報を下位学年の生徒に公開し、具体的な就活法を大学側が提示しています。

これらの情報や支援を上手に利用することが就活成功の第一歩となることでしょう。

東洋大学の行うキャリア支援・就職支援を信じて利用し、就活に活かそう

就活支援を行う大学はそう珍しくもないが、こと東洋大学の行うサポートに関しては「とても実践的で就活に直接活かしやすい」ものが多いで。学生のことを考えた良い大学やでほんま。誇りに思えよな。

はい!就活となるとやっぱり不安でしたが、頼れる存在がこんなに近くにいたんですね!東洋が行う支援が実際に就活成功した先輩のノウハウを元に構築されているなら、これを利用するのが東洋生にとって最も就活を成功させる近道ですね。

東洋大学は学生個人に目を向けたキャリア形成支援・就活支援が充実してます。
また、就活支援室で公開されている就活に成功した先輩の体験談は、ネットで成功談を見るより何倍も具体性があり身になる情報ですので、こちらも必ず参考にしましょう。

実際に東洋大学は学部問わず広い業種に就職実績を残しているので、大学の公開しているサービスを利用し、その上で自分の強みを存分に発揮した就活が最も正解に近い就活法と言えるでしょう。