日大特集!【就活・日本大学生特化】就活対策法

2020年4月7日

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

就活って大学名のブランドに差があったりするから、大学ごとにやり方って変わると思うんだけど、どうなんだろう。

せやな、大学フィルターって言葉もあるように、やっぱり大学名の差が就活に影響することは少なからずあるねんな。

企業は「上位大学」「中堅大学」「下位大学」と区別してそれぞれの層によって待遇を変えるってことが世間では言われているな。
そういう意味では日東駒専は「中堅大学」と捉えている企業がほとんどや。

だが、安心せい。日東駒専は「中堅大学でトップクラス」と認識されているんや。

なるほど!じゃあ学歴という点では不利な訳じゃ無いんだね。

せやねん、もちろん企業からしたら”学生個人に目を向ける前段階(書類選考など)”の際は上位大学の学生の方を採用したいっていう考えはぶっちゃけあるが、「”中堅大学トップクラス”の学生の中には上位大学に匹敵する、もしくは凌駕する能力を持つ学生も一定数いるだろう」と考えている企業が多いんや。

じゃあ、具体的に日本大学生に特化した就活の方法ってどんなことがあるんですか?

それを説明するにはまず、自分を知る(自分の大学の情報を理解する)ことが大切やで。

日本大学の情報

前述した通り、日本大学は「中堅大学トップクラス」と世間的には認識されているで。
そして日本大学の特筆すべき点は「学生の多さ」やねん。なんせ日本で一番学生が多い大学が日大やからな。
そしてその人材の豊富さに目をつけている企業はメチャクチャ多いで。

この章では大学情報、進路実績を詳細に見ていって、就活で活かせる情報を抽出するで。

大学情報

大学名日本大学
学部在学生数(2019年5月現在)約70,000人
学部数16学部
就活に強い主要学部法学部
大学の強み学生数・就活支援の充実

この表について、就活をする上で特に意識すべき情報って何ですか?

それは、「学生数の多さ」と「大学側が施している就活支援の質の高さ」やな。

それはなぜですか?

まぁ慌てるなって。その前に日本大学の先輩たちの残した進路・実績を見て行くで。

日本大学の実績

以下表は、2019年3月に卒業した先輩達の就職先企業のうち主要なものをまとめたものや。

東日本旅客鉄道(株)(JR東日本)74
警視庁60
大和ハウス工業48
東京都教育委員会43
日本郵便41
三菱自動車工業30
アウトソーシングテクノロジー28
東海旅客鉄道27
フジタ27
神奈川県教育委員会26
積水ハウス26

出典:【2019年卒版】日本大学の学部別の就職実績とサポート体制を徹底紹介!-bizual

日本大学生に多い進路・業界

日本大学生に多い業界を知っておくことも大事な情報の一つやで。
なんせ、進路として多い業界=日本大学の強みを活かせた業界と言い換えられるからや。

これを見ると、1位〜5位を理系の進路が占めているな。
これは日大だけでは無いが、理系の方が学んだ分野の専門性が高い分ニーズとマッチして就職に強いということが分かるな。

逆にいうと、日大の理系学部生はちゃんと就活も見据えた上で専門を決めて学ぶ必要がありそうですね。

日本大学生の強み

大学在籍数日本No.1

まずは何より、「学生数が日本で最も多いこと」が挙げられるな。

なぜ人数が多いことが強みと言えるんですが?

これは冒頭でも簡単に説明したが、「人数の多さに目をつけている企業が多い」からやで。

昨今では必要資格の保有者減少、採用競合の台頭、企業人気の悪化、若い年代の人口減少など多くの理由が相まって慢性的な採用難が世の中に蔓延しています。とにかく、「人材確保が難しい!」という状況に陥っている企業が多いということですね。
そんな背景もあり、「学生リソースの多い大学にアプローチをかけている企業」が増えてきています。

具体的には、日本大学本部が運営する「日本大学合同企業研究・就職セミナー」に参加する企業が増えてきています。こちらのセミナーでは現在200社以上もの企業が参加し、日本大学生に向けて企業が取り組みや具体的な業務内容などをアピールする場であり、この行事をキッカケに就活を有利に進める先輩が多く、利用しない手はないと言えるでしょう。

なるほど、学生の多さを利用して採用難を乗り越えようとしている企業が増えてきて、その対象に日本大学も選ばれているということですね!

大学の手厚い就活サポート体制

日本大学では就活のサポートが日本の大学の中でもトップクラスだと言えるで。

まずは、日大就活生の強い味方である「NU就活ナビ」の存在やな。

これは知っています!日本大学の学生であれば誰でも利用できて、約16万件の企業情報や約1万件の求人情報など、日大の総合性を活かした充実した内容で、日大生就活生はこれを利用しない手はないですね!

参考:NU就活ナビ

また、日大の就活への熱い取り組みが顕著に現れているのが分かるのが、「日本大学合同企業研究・就職セミナー」の存在やな。これは前述したが、200社以上の企業が日大生に向けて企業をアピールする場で、その中には結構な優良企業も名を連ねているねん。

その他にも初学年に向けたキャリアサポートを行なったり、外部のサポーターを70名以上も連携したりと、日大の就活に対する力の入れ方はもの凄いで。生徒の就職実績は大学のブランドにも直結するから当然やな。

これらのサポートを利用しないで就活に行き詰まってもそりゃ当然やで。
利用できるもんは利用するのが就活の必勝法なんや。

大学の手厚いサポートを利用しながら賢い就活を

以上の情報から言えることは以下や。

  • 学生数の多さに着目しアプローチをしてくる企業が多数あるという事実を認識する
  • 大学が公式で運営するクオリティの高い就活サポートの数々を利用する

以上を理解、利用した上で、さらに自分の強みだったり学部で学んだ内容を武器に就活するのが最も賢い方法だとワシは思うで。

あと、人数が多いってことは世の中の企業に日大の先輩が多くいるって事にも言い換えられますね。

お、良い事に気が付いたな。例えばOB・OG訪問の際に大学が同じだったら、たとえ面識がなくても推薦したくなったり、サポートしたくなるのが先輩の心情やで。

日本大学にはNU就職ナビをはじめとする多くの就活支援事業が展開されており、その一つ一つが質の高いサービスになっています。これまで就活を成功させてきた先輩方々はこれらのサポートをうまく利用しています。

独力でできる範囲には限界があります。
日大生が就活に成功する秘訣を一言で言うと「大学に頼る」事です。上手く大学を利用してより良い就活ライフを送りましょう!