【結論】就活中に英語を勉強する意味。あなたの選択肢を増やすチャンス

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

就活中に英語を勉強しておくと有利って聞くけど実際どうなの?

このような疑問を持っている就活生も多いのではないでしょうか?
実際英語を習得することで、あなたの選択肢を広げるチャンスは広がります。

今回は就活中に英語を習得するメリットなどを解説していきますので、この記事を参考に「英語を勉強する本当の意味」を考えてみてください!

この記事を読むメリット

就活中に英語を勉強する意味を知れる

英語を学んでおいて損はしない

英語を学んで習得するには、たくさんの時間と労力が必要ですが、学んでおいて損はありません。
英語ができる就活生が少ない中で、英語を学んでおくことは有利になります。

また、企業によっては就職試験の中に英語の問題が出てくることがありますので、英語を勉強しておく必要があります。

もし、入社前に英語が必要でなくても、入社後の昇給時などで英語が必要な場面が出てくる可能性もあります。
就職後も英語ができることは必ずいつか役に立ちますので、学んでおくと良いでしょう。

TOEICは就活で有利になる?

英語と聞くとTOEICを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

TOEICとは、「Test Of English for International Communication」の略で、日常生活などの生きた英語の能力を検定するための世界共通のテストです。

「TOEICを受けてないと内定がもらえない?」
と疑問に思う人もいるかもしれませんが、TOEICを受けていなくてもエントリーできる企業は多くあります。

ただ、受験して応募書類の資格欄に記載しておくと有利に働くことがあります。
つまり、TOEICを受けていないから内定をもらえないということはありませんが、受けている方が有利に働くこともあるということです。

外資系などの企業によっては、よりTOEICなどを重視することもありますので、事前に確認しておくといいでしょう。

就活に役立てるならどのくらいの英語力が必要か?

英語を就活に役立てるには、どのくらいの英語力が必要かご存じでしょうか?
業界によっても違ってきますが、英語活用実態調査2019によると新卒採用で参考にするTOEIC L&Rスコアの平均は545です。

新卒で就活で活かしたいという方は、この平均スコアを超えるように勉強するといいでしょう!

ただ、外資系などの企業では、700が最低ラインとされています。
現時点で、外資系に就職することを目標としている人は、700以上を目指して勉強するようにしてみましょう。

企業によっては、採用情報や募集要項に応募資格としてTOEICのスコアが記載されていることがありますので、事前に調べておくといいかもしれません。

英語力が必要とされる業界とは?

業界によって求められる英語力は違ってきますが、実際英語力が必要とされるのは、どのような業界なのか紹介していきます。

英語力が必須な業界(職業)

  • 航空業界
  • 製薬業界
  • メディカルライター
  • 英文速記者
  • 映画翻訳家
  • 通訳案内士
  • 重工業

英語力があることで有利になる業界(職業)

  • 外資系金融企業
  • 商社
  • ホテルスタッフ
  • メーカー(自動車/化学/電機)
  • 英語講師
  • システムエンジニア
  • 小売業界
  • 物流業界

就活中に英語を勉強するメリット

英語力が必要とされる業界はわかりましたが、実際に英語を習得するには時間がかかるため、面倒くさいと感じる人も多いかと思います。

そんな人のために、就活中に英語をするメリットを紹介していきますので、メリットを知って勉強に活かしましょう!

①資格取得に役立つ

就活中に英語を勉強する1つ目のメリットは、「資格取得に役立つ」です。

主に就活の取得資格欄に記入できる英語関連の資格は、TOEICか実用英語技能検定(英検)が挙げられますが、英語を勉強することで資格に役立ちます。

その他にも、英語が含まれる資格はTOEFLやIELTS・ケンブリッジ英語検定・国際連合公用語英語検定試験などの資格にも挑戦できます。 また、全国通訳案内士試験や翻訳専門職資格など、仕事に必要となる資格でも英語力が必要です。

つまり、英語に関連する資格を取得することで、就活でも有利になるのです。
その就活で有利ともなる資格が取得できるというのは、英語を学ぶ上で大きなメリットです。

②面接でのアピールポイントになる

就活中に英語を勉強する2つ目のメリットは、「面接でのアピールポイントになる」です。
英語を勉強することで、英語力があることをアピールできたり、英語力をつけるために継続して頑張ったことをアピールできたりします。

英語力があることはもちろんですが、英語を習得するために継続して頑張ったという経験は、就活の面接でもアピールできるポイントです。

英語力をアピールする場合は、英語力を身につけるための努力や英語に取り組んだ理由・入社後どう活かすのかまで話すと企業側にも良いアピールができます。 英語を勉強したけどTOEICなどで結果が出なかったという人もいるかもしれませんが、心配する必要はありません。

英語力を身につけるためにどういった努力をしてきたか、今後どのように取り組んでいくのかまで話すことで、アピールとなります。

「英語が苦手だから」「英語を勉強しても伸びないだろう」といった風に考えている人も、諦めずに勉強に取り組んでみてください。

③狙える業界が増える

就活中に英語を勉強する3つ目のメリットは、「狙える業界が増える」です。 業界によっては、TOEICなどのスコアが必要な場合があります。

しかし、英語の勉強をしていなければ、そういった業界に挑戦さえすることができません。 特に航空業界や製薬業界は英語力が必須となってきますので、英語を勉強しておくことでこれらの業界に挑戦できます。

英語を勉強すれば「就活をしない」という選択も取れる

英語を勉強することで、就活をしないという選択が取れます。
大学院進学や起業などもありますが、英語を勉強した人で就活をしない場合、多くの人は海外留学を選択しています。

英語力がない場合、海外留学という選択をとる人はなかなかいませんが、英語を勉強することで海外に興味を持つ人が増えるようです。

将来会社で英語を活かしたいという人は、海外留学という選択を取るのもおすすめです。

「就活をしない」という選択はどう影響する?

就活をしないという選択の理由にもよりますが、海外留学が理由の場合はメリットの方が多いと言えます。

海外留学のメリットとしては、英語力向上やグローバルなコミュニケーション能力が習得できるなどが挙げられます。
それだけでなく、将来をしっかり考えられたり、将来の選択肢が増えたりすることも挙げられます。

もちろんデメリットとして、新卒採用の枠から外れてしまうことや空白期間ができることなどが挙げますが、下記の進路によっては就活も容易にクリアできます。

  • 海外の企業に就職
  • 日本の外資系企業に就職
  • 個人事業主として独立

海外留学した人の中には、海外の企業に就職している人も多くいます。
海外留学後に日本の企業に就職する場合は、レベルの高い英語が求められますので、海外留学をした場合は英語力を身につけることを意識しましょう。

本気で英語を勉強すれば人生の選択肢を増やせる

英語が苦手な人も多いかもしれませんが、本気で英語を勉強することで、あなたの人生の選択肢を増やすことができます。

英語を勉強することで得られるメリットは多くありましたが、視野が広がるというのもメリットと言えます。
視野が広がることで、あなたの価値観が変わりますので、今までになかった人生の選択が増えるのです。

メリットは視野が広がるだけでなく、英語に挑戦することでチャレンジ精神や主体性が身につ苦くことも挙げられます。

これらが身につくことであなた自身の行動も変わってきますので、あなた自身を変えて行きたいという人も英語を勉強してみると良いでしょう。

まとめ

今回は就活中に英語を習得するメリットなどを解説してきました。
英語を習得するには時間もかかりますが、勉強に取り組むだけで多くのメリットが生まれます。

就活でも有利になる上に、あなた自身の選択肢も広がりますので、就活中のあなたもぜひ英語に挑戦してみてください。

また、ゼロイチLIVEを活用すれば、英語を活かせる業界での就活についてなど、LINEから気軽に相談が可能です。

まずは以下のページから、ぜひ登録してみてください!