就活に大学の偏差値は影響するの?学生の気になる真相を徹底解説!

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

学歴フィルターという言葉は、就活生であれば聞いたそもことがある言葉だと思います。
実際、就活において「大学の偏差値が低いと不利」というのは本当なのでしょうか?

今回は、偏差値が就活に影響するのかどうか解説していきます。
偏差値や学歴フィルターに関して気になる就活生の人は、ぜひ参考にしてくださいね!

この記事を読むメリット

・就活の合否に大学の偏差値が影響するのかどうかがわかる

就活には学歴フィルターが少なからず存在する

学歴フィルターという言葉は多くの人が聞いたことあるはずですが、実際就活には学歴フィルターが少なからず存在します。

まず前提として、学歴フィルターとは「学歴による採用基準のこと」をいい、一定以上のレベルの大学に所属していない就活生は足切りされるというものです。

企業にもよりますが、「〇〇な大学の学生は、説明会から参加できない」などの基準を設けて、ある程度のエントリーを減らしています。

最近では学歴フィルターをかけずに、就活生自身を見てくれる企業も増えていますが、大企業などでは今でも学歴フィルターが存在しているようです。

ただ、学歴フィルターは効率的に選考を進めるために用いていることがほとんどですので、「学歴フィルターで落とされた=あなた自身を否定された」ということではないことを覚えておきましょう。

学歴フィルターが存在する企業とは?

学歴フィルターが存在する企業は多くあるのが現実ですが、実際にどの企業で学歴フィルターが用いられているかは公表されていません。

しかし、学歴フィルターが存在する企業の特徴として、多くの場合は大企業かつ就活生から人気が高い企業です。人気であるため応募総数が多すぎて、学歴フィルターをかけないと選考することができないのです。

業界で見てみると、放送業のマスコミや広告業界・出版業界などでは、比較的学歴フィルターが存在しやすい傾向にあるようです。また、総合商社や外資系・東証一部上場の企業なども学歴フィルターがある場合が高くなっています。

学歴フィルターによって、選考過程から外される可能性の高い人は、学歴フィルターが設けられていない中小企業を狙うのも良いかもしれませんね。

ただし学歴フィルターが働くのは書類選考のみ

学歴フィルターは実際に存在するということをお伝えしましたが、学歴フィルターが働くのは基本的に書類選考のみです。

人事の人は一人一人しっかり選考していきたいと思っていますが、大企業などの人気な企業ともなると応募書類の総数が多すぎて、一人一人選考していくことができません。

そのため、書類選考の時点で学歴フィルターによって足切りされているのです。

ただ、書類選考前の説明会などでも振り落とされている場合があります。
就活サイトなどから説明会に応募しようとして見てみると、他の大学の子は空席なのに自分だけ満員状態の時があります。

その場合は説明会から学歴フィルターが働いていますので、すぐに他の企業に切り替える方がいいでしょう。

学歴フィルターがかかる基準は?

実際に学歴フィルターがかかったと感じない大学は以下の大学です。

  • 早慶上智
  • 旧帝大
  • MARCH(明治/青山学院/立教/中央/法政)
  • 関関同立
  • 主要都市/地方の国立大学

企業によってこの基準は変わってきますが、大体上記の大学は学歴フィルターを感じずに選考へ進めているようです。

面接に漕ぎつければ偏差値なんか関係ない

書類選考では学歴フィルターなどが存在しますが、面接まで漕ぎつければ偏差値も関係ありません。

面接では一人一人をしっかり見てくれるため、学歴で判断するのではなくあなた自身で判断してくれます。

面接では、あなたが一般常識を持っている人かや一緒に働きたいと思える人かなどを見ています。そのため、学歴ではなく面接に挑む姿勢や話す内容が重要となってきます。

面接に漕ぎつけられた場合は、面接準備を念入りに行い、あなたという存在をアピールするようにしましょう。

就活偏差値に自信のない学生がやっておくべき準備

実際に学歴フィルターが存在することは分かったかと思いますが、就活偏差値に自信がない人はどうすればいいのでしょうか?

「自分は、Fラン大学だから・・・」と思ってしまう人もいるかもしれませんが、自信がない人でも準備をしておくことで、就活でも成功する可能性が高まります。

これから紹介するものを実践して、事前に備えておきましょう!

①業界分析をして企業を把握する

まず就活偏差値に自信のない学生がしておく準備としてあげられるのが、「業界分析をして企業を把握する」です。

業界分析と聞くと、念入りに業界を調べていくイメージがあるかもしれませんが、まずは簡単にでいいのでどの業界に興味があるか把握しましょう。

特定の業界がない場合は、広く浅くというように様々な業界を調べてみてください。 そして、気になる業界があった場合はその業界を詳しく分析してみると、業界の中でもあなたに合った企業を見つけることができます。

業界分析を行う際には、どの業界が就職偏差値を気にする業界であるのかまで、注目しながら調べておくといいかもしれません。 業界によっては就活偏差値の難易度が異なりますので、出来るだけあなたの大学に合った業界を調べてみてください。

業界分析を行う際は、インターネットだけの情報で行わないようにしましょう。

もちろん基本的情報を調べるのにインターネットは最適ですが、志望度の高い業界は企業の説明会などへ行って自身で調べるようにしてみてください。

また、下記の記事では業界分析のフレームワークを紹介しています。業界分析の方法が現段階で全くわからないという就活生の人は、ぜひご覧ください。

②就活の軸を決める

就活偏差値に自信のない学生がしておく準備として2つ目にあげられるのが、「就活の軸を決める」です。 そもそも就活の軸というのは、企業や仕事を選ぶ上で基準となるもののことをいいます。

就活の軸とは、具体的に「地域に貢献できる仕事がしたい」「営業の仕事がしたい」といったものです。 就活の軸がしっかりしていることで、あなたに合った業界や企業を選ぶことができます。

また、面接まで進んだ際に就活の軸を聞かれることがありますが、その時も慌てずに対応できます。 就活偏差値に自信がないという人こそ、自己分析をして就活の軸を決めて準備しておくようにしましょう。

下記の記事では、就活の軸に関する内容を詳しく記載していますので、就活偏差値に自信がないという人はご覧ください

③筆記試験の対策をしておく

就活偏差値に自信のない学生がしておく準備として3つ目にあげられるのが、「筆記試験の対策をしておく」です。

筆記試験とは、学歴フィルターを同じように足切りをするためにも実施されることがありますが、基礎知識があるかの判断材料として実施することもあります。

就活偏差値で自信がない人でも、筆記試験で高スコアを残すことができれば企業にもアピールできます。

企業によっては面接よりも筆記試験のスコアを重視する企業がありますので、事前に準備しておくべきだと言えます。

大学の偏差値に関係なくしっかり準備すれば内定をもらえる!

就活では学歴フィルターがかけられることもありますが、実際は偏差値に関係なく、しっかり準備をすれば内定をもらうことができます。

準備するべき内容は上記で紹介しましたが、それら以外にも時間があるのであれば資格取得に努めるのも一つの手です。

また、インターンに参加したり就活エージェント利用することも、内定獲得へ近付ける準備内容ですのでぜひ備えてみてくださいね。

まとめ

今回は、偏差値が就活に影響するのかどうか解説してきました。

大企業など就活生から人気の企業は、偏差値が就活に影響する場合がありますが、足切りされるのは基本的に書類選考の時点です。

面接まで進むことができた場合は、偏差値ではなくあなた自身を見てもらえるので、面接の準備も事前にしておくといいでしょう。

就活偏差値に自信がないという人でも、準備をしておくことで内定を獲得できますので、早めから準備をしてください!