22卒・新卒向け【就活をしない】という選択肢も考えてみよう!

2020年6月28日

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

日本の就活ってさー、不思議だよねー。

どういうことや?

大学生ってさ、3年生になったら一斉に就活を意識し始めるでしょ?

たしかにな。
これまでサークルや飲み会で遊んでいた人も、人が変わったかのようにスーツをビシッと決めて、就活に励むわけや。

うーん。そこまでして就活を一生懸命やる必要ってあるのかな?
「やりたいことがあるから私は就活しない!」っていう生き方もカッコいいなーって思ったんだ!

まぁ、なにか目標があるなら、そういう考えもアリやな。
この「就活しない」って考え方について、ちょっと分析してみるんやで!

わー、めちゃくちゃ興味あるー!

本記事で解決する課題

  • 「就活しなければいけない」という強迫観念から脱却できる
  • 自分の「当たり前」を破壊して、「視野」を広くすることができる

就活をしない人の生態に迫る

単純に「就活しない」と言っても、2つのパターンがあるんやで。

ふむふむ。

ひとつは「就活そのものに嫌気がさしてる」パターンや。

あー、良くある話だね。私の先輩も就活のこと考えすぎて疲れ切ってるよ(笑)

就活って、ものすごい労力を使うやん?
交通費やスーツ代でお金はかかるし、自己分析や面接対策で前もって準備しなければならんこともたくさんある。
その上、いろいろな企業に足を運んで、数十社面接を受けるなんて当たり前のことや。

それだけ頑張っても、内定をもらえない人だっているもんね。
そりゃ、就活が嫌になっちゃうよー……

もうひとつは「就活をしようと思っていない」っていうパターンやな。

就活自体する必要がないってこと?

簡単に言えば、そういうことやな。
なにか目標があって、今後やりたいことが決まってるから、就活をしないって人もいるんやで。
具体的な例だと、起業とかやな。

学生のうちに起業かー。夢があるねー。

就活しない人というのは、「就活そのものにやる気が出ない人」「就活をしようと思っていない人」の2種類に分かれます。
 
大学生の多くは、前者にあてはまる場合が多いのではないでしょうか?

労働という観点において「バイアス」がかかっている?

私は「大学生だから就活をしなきゃいけない」って考えが強いんだよねー。

その考え方が普通やな。
多くの学生は、「大学を出て会社員として勤めるのが美学」みたいな風潮があるわけやもん。

すごいことだよねー。
定年を迎えるまで、同じ会社で何十年も働くってことだもんね。

言い方良くないかもしれんけど、「会社に雇われて働かなければいけない」っていう考えに縛られすぎやんな。

私はそれ以外考えられないけど(笑)

まぁ、生きていく方法は会社員以外にもいろいろあるちゅうことや!

「大学を卒業したら就職する」という考えは当たり前でした。
 
しかし、会社に雇われる以外にも選択肢がでてきて、就活しない学生も増えつつあります。

就活しない生き方とは?

さっき言ってた、「就活をしようと思っていない人」について、もう少し詳しく聞きたいなー。

これが今回のメインテーマやな。
人によっては、在学中から「就活しない生き方」に向けて行動するんや!

就活しない生き方!カッコいいなー!

就活しない言うても、さまざまなパターンがあるで。

起業する

人によっては在学中、もしくは卒業後に会社を作ってしまうケースがあるんや。

社長ってことかー、憧れるなー。

そう簡単にできるもんやないけどな。
アパレル関係の会社を作ったり、飲食店を経営したり、パターンはさまざまや。

私もなにか趣味の延長で起業してみよっと♫

(すぐに潰れそうやな……)

フリーランスになる 

フリーランスは個人事業主と呼ばれることもあるな。
今はライターやエンジニアなど、フリーランスになる手段がいろいろあるで!

起業とはなにが違うの?

起業の場合は会社を作って、アルバイトや社員に働いてもらうやろ?
つまり、人を雇う側の立場に立って、みんなでひとつの会社を作り上げてくってもんや。

うんうん。

それに対して、フリーランスは自分で仕事を請け負うって感じやな。
報酬に関しても、月契約で固定給をもらったり、時間給で計算したり、いろいろなパターンがあるで。

ふーん、なんか自由に働けて楽しそうだねー。

「ひとり社長」っていのうが一番しっくりくるかな。
ただ、自分で仕事の営業をかける必要があるし、会社員みたいに福利厚生はないから、フリーランスも大変な部分は多いんやで。

えー、営業とかめんどくさいから私はいいやー(笑)

家業を継ぐ

自分の親が事業をやってる場合、それを引き継ぐってパターンもあるで。

あぁー、友達のお父さん不動産屋の社長とか言ってたなー。

そういう人は就活をせずに、卒業後は親の会社で働くんやろうな。
あとは、医療系の学部であれば、国家試験に合格したら、親の経営している病院に就職するって子もおるやろ。

んー、私の親はサラリーマンだからそのチャンスはなさそうだねー。

親が悪いみたいに言うなよ……

進学する

大学卒業後にあえて、大学院や専門学校に進学する人もいるんや

ひえー、まだ学生を続けて遊べるなんて、うらやましい限りだよー。

なんで、学生は全員遊んでると思ってるん?(笑)
例えば、手に職をつけるために、資格取得へ向けて進学するってパターンや。

すごい‥‥私はもう勉強したくない。

海外留学

海外に憧れを持って、留学しようとしてる学生も多いんちゃう?

うん、私も日本から離れて生活してみたいと思ったことあるよー。

もし、外資系の企業で働きたいとかいう夢があれば、英語をしゃべれなきゃいけんしな。
そういったことを見据えて、就活せずに海外へ留学するパターンもあるんや。

たしかに、海外で生活して働くのも憧れるなー!

このように、「就活しない」にもさまざまなパターンがあります。
 
「大学に入ったら就活しなきゃいけない」という決まりはないので、就活しないという選択肢も視野に入れてみましょう。

就活しないまま卒業する人は実は多い

ここで問題や。
就活しない学生ってのは、日本にどれくらいいると思う?

うーん、全学生の5%くらいかなぁ?

いやいや、20%近くはいるんやで!
そのうちの半分が進学者、もう半分は起業やフリーランスを目指す人にあたるわけや。
 
https://www.mext.go.jp/component/b_menu/other/__icsFiles/afieldfile/2019/08/08/1419592_1.pdf

ふえー、正社員として就職する人は80%くらいしかいないんだー。
もっと多いと思ってたよー。

このデータから、意外と就活しない人は多いことが分かります。
 
より自由に働ける社会になっていくと、この値はさらに増えていくと予想されます。

目的があるなら「就活しない人」でも良い。

こういう話を聞いていると、就活しなくてもいいかなーって思っちゃうよね。

もちろん、就活しないって選択肢は全然アリなんやけど、君の場合ただ就活が面倒くさいからやろ?

うっ……

なにか目的があるなら、就活しなくても大丈夫やけど、「なんとなく」だったらやめておいた方がええで。
就職せずに生活してくってのは、そんな簡単なことではないんやし。

……

今の君はこれから就活を始めるってところやろ?
就活しないって決めるのは、もう少し考えてからでもええんちゃう?

……はい。

「就活しない」という選択肢は自由度が高く、魅力的に感じるかもしれません。
 
しかし、意味もなくその選択肢を取るのは危険なことです。
 
自分の将来やりたいことをきちんと分析してから、就職しないという決断をしましょう。

日本の新卒一括採用は恩恵が多い

ここまで、「就活しない生き方」について説明してきたんやけど……

どうしたの?

新卒で就職するのも、それなりにええもんやで。

うーん、これから就活する身としては考えさせられることだなー。

まだまだ、日本は新卒を採用したがる傾向にあるんや。
特に目的が決まってなければ、きちんと就活して新卒で就職する方が無難やで。

正直やりたいこととかないよー。

あとは、日本は新入社員を育ててくれようとする傾向にあるんや。
新人研修もしっかりしている企業が多いしな。

そう言われても、いますぐに決めるのは難しいなー。
あと1年くらい就活するかしないかゆっくり考えてみようかな!

いや、そのころもう大学卒業してまうやん!

新卒の学生を採用したがるのは、日本特有の傾向です。

企業に入社すると、しっかりした研修を受けられて手厚く対応されます。

海外だと、仕事でのスキルがなければ、社会人として通用しません。

その点で、日本の新卒の学生は恵まれてると言えます。

まとめ/迷うなら「就活」はした方がいい

ほとんどの大学生は就活をして、卒業後に正社員として働きます。

近年は「就活しない生き方」を選ぶ人も増えつつあり、起業やフリーランスなど、その選択肢はさまざま。

ただし、きちんとした目的や将来やりたいことがないのに、「就活しない」という選択肢を取るのは避けてください。

新卒カードを切れるのは人生で1回だけです。

もし、この先のことで迷っているなら、一度就職してからでも考えるのは遅くありません。

まずは、目の前の就活に精一杯取り組んでみましょう。